キャッシュカードでお金を借りれるのは便利だけど

キャッシュカードでお金を借りれるのは便利だけど

ローン機能がある銀行のキャッシュカードでは、キャッシュカードではそのまま借入ができます。ATMで簡単にキャッシングができ、返済もそのまま出来てとても便利です。

銀行カードローンで申し込みの時に、ローン専用カードも持つこともできます。カード兼用型としても使え、キャッシュカードの種類は選択することができます。

キャッシュカードだけどローンカード

簡単に使えることから、借り過ぎてしまう場合があります。

銀行カードローンの申込の時には、口座開設が必要になることが多いです。キャッシュカードを持っていた、口座がある方もキャッシュカードを兼用型に変えることもできます。

しかし、その時点でお金を引き出すためだけのキャッシュカードではなく、ローンカードとして使用することができます。ネット銀行などでは、既に口座の取引がある方に、キャッシング枠がつける場合があります。

本人の希望ではなく、借りられますというサービスです。そうすることで、兼用型ではなく普通にキャッシングを行う事ができます。お金を借りた時点で、ローンカードになります。

計画的に使う

キャッシングをキャッシュカードで扱うことでは、使いすぎには注意です。最初から、ローン専用カードを作る方も多いでしょう。キャッシュカードでは、自分のお金とキャッシングのお金が混同してしまうことがあります。

審査がある

キャッシュカードでカードローンとして使い始める。その時の審査には通ったので、キャッシングができます。あとは、普通のカードローンなのですが、収入証明書の提出や信用情報の確認などで、常に審査があります。

借入が多いと借りられない、限度額が下がってしまうこともあります。そして、毎月きちんと返済をしない人は、借りられないだけではなく金融事故者になる場合もあります。

急に借りられない場合、不本意であればカスタマーセンターに連絡をしてみてください。自分のキャッシュカードとカードローンの部分でどうなっているかがわかります。その時に、もう限度額がないとか、返済ができていないので借りれないなどの理由がわかります。

銀行口座で管理ができるので便利ですが、支障が出ることで自身の預金額にも影響がでてしまうことがあります。銀行カードローンのローンカードを作る時には、気をつけた方が良いでしょう。便利なキャッシュカードですが、頻繁に借りる場合はお金の管理をするためにも別々の方が良い場合もあります。

キャッシュカードでお金が借りられない時にはブラックになっている可能性が高いです。