キャッシュカードでお金が借りられない時

キャッシュカードでお金が借りられない時

普通キャッシュカードにはお金を借りる機能は付いていないです。キャッシュカードでキャッシングするためには、カードローンの機能を持たす必要があります。そのため、口座開設だけで借りれるキャッシュカードはありません。

要するにカードローン

キャッシュカードでキャッシングができている方は、カードローンを使っているだけの話しです。借入審査を行っていて、ATMで引き出しではなく借りるの操作で便利にキャッシングができるだけです。

限度額がいっぱい

普通に借りれるキャッシュカードですが、限度額がいっぱいになれば借りれる金額がないです。あとは返済をしていくだけですが、入金があれば、預金通帳にお金があれば、自動返済になっていくことになります。

毎回そのような借り方をしていると、口座に預金がなくなれば、遅滞、延滞で借りれないばかりではなく、金融事故を起こしている場合が考えられます。

預金にお金があると返済に回ってしまうので、引き出したり、振替できないようになっていく。限度額がなくなるだけではなく返済も溜まってしまうことで、キャッシュカードでもうお金が借りれないことになります。

キャッシュカードではなくカードローンが使えない

ローン専用カードがあれば限度額もひと目でわかるのですが、ローン機能をもたせたキャッシュカードで、入金と借入が混合してしまっている場合があります。

借入が多いと、通帳ではいつまでもマイナスが付いたままで改善されないことで、借入が全くできなくなってしまうことになります。

返済をしていくしかない

まずは、毎月の返済が必要です。借りられない時点では、金融事故が原因なのか、たまたまこの時だけ返済していないだけなのかが不明です。

もし、1回の返済だけをしていないのであれば、1回返済をした時点で借りれるようになります。しかし、数回返済をしていない場合は、それだけの返済を済ますか、延滞になっている場合はブラックになっているので根カードローンの機能が使えないです。

このままだとキャッシュカードとして使えない

ローンカードとしてのキャッシュカードですと、振り込みや振替で入金があるとそのまま返済してしまうことになります。

もし、いろいろと引き落としをしている口座の場合、キャッシング以外の引き落としができない状態にもなります。もう借りられないとわかって返済ができない時には、入金をせずに返済を別に考慮しましょう。

キャッシュカードでお金を借りられるのはとても便利な機能ですが、返済が順調に行かないことでキャッシュカードの機能ができなくなってしまいます。返済ができないかな?借りすぎてしまう場合は、キャッシュカードのローン機能は外す方が良いでしょう。