キャッシュカード兼用型カードローンのメリットとデメリット

キャッシュカード兼用型カードローンのメリットとデメリット

キャッシュカードをカードローンのようにして使用ができるサービスがあります。これは、銀行カードローンの申し込みの時に、キャッシュカード兼用型にするだけです。

要は銀行カードローン

キャッシュカード兼用型とは、キャッシュカードがカードローンになるタイプです。みずほ銀行カードローンなどではおなじみになっています。

自動貸越機能、スイングサービス、自動振替サービスなどです。預金と残高が不足している場合、自動的にキャッシングができる内容になっています。入金の際に返済、給与振り込みになっていると、自動的返済ができるサービスです。

こちらは限度額まで借りれるので、キャッシュカードにカードローンが付帯することで、限度額分の借入がキャッシュカードでできます。

便利だけど、使いすぎも不安

自動振替などがあり、キャッシュカードでカードローンができるのは、返済可能時にはとても便利でしょう。

ところが、今は返済に充てたくないお金だったり、返済に充てたばかりに使えるお金が不足してしまう事態もあります。限度額は使えますが、通帳にはマイナスが付き、回復せずに限度額の返済ができないとブラックになります。

カードローン利用が簡単に出来すぎることで、キャッシュカードでもうお金を借りる事ができない。その時には返済もできずに、金融事故者になることもあります。

使えるようで使えない

キャッシュカードでカードローンの用途が通用するのは、計画的な返済ができる間です。預金とカードローンの限度額が一緒になってしまうことでは、銀行口座がまるでキャッシング口座になってしまうこともあります。

みずほ銀行ではローンカードが別にできる

ローンカードは別において、キャッシュカードでは返済専用にすることで、使いすぎも防止することができます。返せるうちはキャッシュカード兼用型が良いのですが、返せない時には知らずに返済に回ってしまうことになります。

銀行としては

自動返済ができて便利ですが、今は返したくない時には何かと不便です。

ローンカードは別に持っておいて、自分が借りたい時、返済の時に別々につかえる方が良い場合も多いです。金融機関のキャッシュカード兼用型のカードローンでは、使い勝手が良い点もありますが、ブレーキが効かない、返済が困難になった時には支障が出ることが多いです。

カードローンの申し込みの時には、この当たりの事情を勘案することが必要です。便利なようで、実は使えなかったという口コミもありました。