自社審査クレジットカード

自社審査クレジットカード

クレジットカードにも自社審査があります。カード会社も独自審査になりますが、自社審査となりますと、作りやすい、審査に甘いことがポイントになります。

消費者金融系の極甘クレジットカード

ネームバリューのあるアコムACマスターカードは、自社審査で一番作りやすい可能性のあるクレジットカードです。消費者金融口コミでもこれは持ちやすいと評判です。金融会社は大手消費者金融のアコムです。自社審査の中で、職業にあまり重きをおいていないのが特徴です。

キャッシングのときには、収入だけではなく勤続年数などが問われるのですが、カード発行に必要なのは収入、とにかく今働いていることです。申込情報が収入ありでOKなのです。これは発行カードとしての審査ポイントとしても大きいでしょう。

金融事故に関しては1つでもあれば難しい(特に延滞情報や異動情報)のですが、過去の債務整理でも5年以上経っていたり、完済記録があればOK。超有名なJCBカードやVISAカードのような流通系カードの審査の厳しさはありません。銀行系カード会社などと比較をしても、消費者金融が発行会社であれば自社審査で楽々通過です。

多重債務にはうるさい

自社審査でも多重債務者に関しては、消費者金融がカード発行会社だとしても難しいです。また、ポイント還元などもなく、還元率などは期待しない方が良いです、

そして、多重債務の場合は返済が不安。借入額が大きい状態での申込は自社審査も難しいところですから、せめて多重債務を一つでも減らすとか、借入額が少なくなったところでも申込がおすすめです。

ネット銀行カード情報

楽天カード、イオンカード、OMCカード、リクルートカードなどネット銀行やネット流通系カードも自社審査です。最近では、マイルがたまるJALカードなども多いですが、自社審査で作りやすいと言われています。ただし、金融事故情報には敏感です。

銀行系クレジットカードで良いのは、カード申込者が専業主婦や学生でも作れることです。収入がなくてもメインカードとして持てるのはうれしいですが、ブラックリストには厳しい内容です。基準カードとして、多重債務と金融事故に関しては自社審査でも難しいのが現状です。

じゃ、デビットカード

デビットカードは、ブラックリストでもOKです。クレジットカードではなく、自身の残高から引き落としが瞬時にできるクレジットカードと部類です。会計のときに、クレジットカードを使うふりができる、金融事故者を隠す事ができるスマートなカードです。全てのクレジットカードの自社審査に落ちたときには、ぜひ1枚持ちたいカードです。

自社審査といっても

クレジットカードは、クレジット会社、銀行などの審査が自社審査と言っても、保証会社の保証が入りますので、全体的に甘くはないです。還元率ゼロ、属性も選ばない、収入があることだけを問う消費者金融系のアコムACカードの自社審査に通らない場合は、デビットカードしかないというのが現状です。

ブラックになってからのクレジットカードは不可能かもしれません。カード利用者になりたい金融事故者は厳しいですが、個人信用情報履歴、クレジットヒストリーが消える数年後には、それぞれのカードの自社審査を通過することができます。時が解決してくれるでしょう。