どこもお金借りれない

どこもお金借りれない

申し込みをした消費者金融や銀行で審査落ちになると、その金融機関からの借入はできません。そこが大手消費者金融なら他社の大手消費者金融も審査落ちですが、中小消費者金融の場合は違います。

中小消費者金融の審査の差

中小消費者金融の審査では、審査落ちの原因が少しずつ違います。もともと大手消費者金融とは審査の基準が全く違うのですが、各中小消費者金融、同じ審査ハードルの街金では、審査落ちをする人としない人が存在します。

もし、申込者が大手消費者金融だけしか行っていない方は、中小消費者金融に行ってみることをお勧めします。一気に天国になる場合もあります。

債務整理ブラックリスト

信用情報データベースで債務整理は異動情報の一つです。問題なのは、何年経っているか?任意整理なら完済をしているかなどです。

信用情報の内容で、ここの部分で債務整理5年以上は大手消費者金融の審査ラインですが、中小消費者金融は2年でOKのところがあります。ただ、支払いがある任意整理、個人民事再生などの場合は、完済していることが条件の中小消費者金融もあります。その完済が信用力になっているということです。

金融会社では信用力を大切にしますが、中小消費者金融では債務整理をした、任意整理などの完済が信用力のつながっていくことが多いのです。ここでも審査の差が生じます。

自己破産者

ブラック対応業者では、自己破産者の扱いも違います。最初から自己破産NGもありますが、2年程度たった返済能力があればOKの老舗有名消費者金融もいます。

中堅金融の自己破産の見方としては、免責者になったことで収入はあるし返済はなし、では総量規制のキャッシング枠があればOKということです。考え方としては、免責して借金がなくなって、収入があれば新たな借り入れは問題なしです。信用情報の内容ではなく、これからの返済意欲を買うというのも中小消費者金融の大きな特徴です。

総量規制利用枠と返済能力が大きな鍵

いずれの審査の差も、借りられる範囲があり、仕事をしていて収入がある状況のブラックでなければ、借金審査もできません。

街金融の利息は高いと言われていますが、最高で20%です。べらぼうに高いのではなく、大手消費者金融よりも少し高い程度ですから、借入ができたとしても計画的な返済ができれば問題はありません。

すべての中小消費者金融でもNG、街金融も審査落ち

多重債務者でこのような方もいます。

過去の金融トラブル経験の内容があまりにも大きいと信用情報無視とは言えない状態になります。そのような場合、審査のないヤミ金やソフト闇金もありますが、ここはいかないことです。

金融業者でもないですから、借りられない状態に陥った方は、債務整理専門家、弁護士などに相談に行かなくてはならない。それが唯一の対策であり、解決策です。