どうしてもお金を借りたい

どうしてもお金を借りたい

審査落ちの多重債務の原因が正当だとしても、消費者金融カードローン、スピード審査で即日融資とありますが、審査に通ればの話です。金融機関の審査は金融業者によって違いますが、審査の差も大きいです。

クレジットカードのキャッシング枠という手段

クレジットカードは案外審査がゆるいとの噂があります。

もともとクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、収入が低いとキャッシング枠は設定されません。そして、設定されたとしても定額になることが多いです。消費者金融の方がハードル的には低いといいますが、個人信用情報機関の金融事故があると、クレジットカードもショッピング枠のみのカードです。

そこで、現金化の噂もありますし業者も存在しますが、これはオススメしません。あとで後悔することになります。

ブラックであれば中小消費者金融に行ってみる

キャッシングの可能性が高いのは、審査が甘い中小消費者金融です。ブラックでも借りられる情報はとても多く、街金同様に消費者金融カードローンで契約ができない方でも借りられることはあります。

この時にショッピング枠の現金化をしていると、一部の中小消費者金融ではそれを理由に審査落ちになります。要するに、審査は甘いですが、現金化は審査落ちの原因となることが多いのです。ですから、審査が甘そうなクレジットカードからのクレジット現金化計画は最初から立てないことが賢明です。

とにかくお金が借りたい

現金化を考えるほどお金がほしい。中小消費者金融でも審査落ちの方は、家の中のブランド品や不用品をリサイクルショップに持っていく程度しか現金を作ることができないでしょう。法的正規金融業者は相手にしてくれません。カードローン審査、中小消費者金融審査落ちは、借りる行為を拒絶された状況です。

闇金に行く手もあります。本来しない方が良いのですが、生活保護制度を受けるよりはマシと本気で考えている方も多いのが現状で、実際に闇金でお金を借りている方も少なくないです。しかし、これは完全に間違った方法です。

どうして審査落ちなのかを考える

自分はどうして消費者金融等からお金を借りられないのかを、今一度考えて見ください。金融業者の基準で、多重債務などで信用情報に金融事故があったりする場合はほとんど審査落ちです。いやいや、それは遊び金ではなく医療費だったと正当な理由だとしても、多重債務には変わりのないことです。

仕事がなくなって、失業保険もそこをついて多重債務。これもかわいそうなことですが、だからといって多重債務になってのでは仕方のないことです。

もし、まだ働けないのであれば、高額医療費制度で減額、そしてやはり生活保護ではないでしょうか?身障者になったのなら、障害者年金の方法もありますが、その前にしなくてはならないのが借金をなくすことです。公的なお金での返済ができないので、弁護士などを通じて債務整理をしてからの話です。

病気や仕事ができなくて多重債務をしてしまう方は本当に悲惨です。しかし、審査落ちにはそのような同情はなく、申し込み情報でも加味することは不可能です。多分、闇金融ならこんな立場でもお金を貸してくれて、返済を迫ってくることでしょう。だから、ヤミ金融にはいかないことが肝心なのです。