自社審査は怖くない 怖いは延滞するに対しての取り立て?

自社審査は怖くない 怖いは延滞するに対しての取り立て?

全国対応の自社審査の金融業者でインターネット申込みができますが、地域限定の街金も健在です。地域と言うと取り立てしやすい範囲内と言いますが、会社の規模が小さい場合、対面融資に重きをおいているところでは、審査は会社で行うことになります。

自社審査としては、担当者に囲まれて脅される?と思うのですが、信用情報ブラックの人を脅す行為はしません。単に正確な審査と、どんな人が借りに来るのか?という興味本位もあります。しかし、対面審査の本当の目的は完済ができるかを見極めるためです。老舗自社審査の金融業者の多くは、未だに対面審査をしたいようです。

大手消費者金融ばかりではない

自社審査のメリットは、ブラックでも借りれる事。ちょっと聞いてくださいという、お金の相談ができることです。結果的に債務整理しかないよ、うちでは貸せないよという結論もあります。貸せないという場合は審査だからといいますが、自社審査の場合は回収の可能性がない申込者には冷たいです。

大手と同じ審査内容

消費者金融だからということで言えば、無収入、高齢者、未成年は貸さないです。信用情報としては、延滞をしている、既に4社の借入をしている。債務整理してから数ヶ月しか経っていない。このような方は自社審査でも借りれません。特に、無収入と延滞に関しては、自社審査も全く相手にしないです。

大手も中小も同じ審査内容であり、自社審査なんていう言葉は消えてしまう。多重債務者では、明らかに返済ができないだろうという申込みは受け付けないです。金融事故にも程度がありますが、貸金業法に抵触することは絶対にしないです。

自社審査の消費者金融は正規業者であり、違法な適当な貸し方はゼロです。ですから、審査落ちもあり、ブラックでも借りれるのではなく、借りれるかもしれないというのが正確な言い方です。

ヤミ金との境界線

それは、口コミから行くと取り立て行為です。ヤミ金とあまり変わらない怖い対応がありますが、返さないことでの中小消費者金融の怖い一面です。

正規業者でありながら、取り立て宣言をしているところもあります。金利も高めですが、ブラックで申込みしてきて同意の元にお金を借りるのですから、取り立てに合わないような返し方をするのが道理です。あとは、正規業者と言われる自社審査では大手と変わらないです。

大手消費者金融でも延滞などには厳しい対応があります。夜中の取り立てとか嫌がらせ行為などは正規業者では絶対に無いですが、ヤミ金はやりたい放題の部分があります。ここでは言えないような恐怖感もゼロではないです。