サラ金時代から消費者金融に 貸金業法も変わりました

サラ金時代から消費者金融に 貸金業法も変わりました

消費者金融で金融庁登録業者は貸金業法に則って営業をしています。今は消費者金融と言っているのですが、昔で言うサラ金、サラリーマン金融のことです。

そこでは、利息制限法で20%の最大金利を上限として、総量規制で年収3分の一を限度額としています。原則的に収入がなければ契約ができないので、専業主婦単独、無職は消費者金融のキャッシングができないことになっています。

正規登録融資会社は国内に数多くありますが、紹介するホームページなどには登録番号と更新のたびに増える「()」での数学が書かれています。また、金融庁のサイトでは、登録業者は名前が必ず明記されています。

審査基準は基本的に自由

貸金業法内であれば、審査基準は自由設定になっています。ですから、大手消費者金融、中小消費者金融、街金での審査は違います。

大手金融審査落ちの方は中小や街金での審査通過はできます。よって、大手の審査が一番厳しいことがわかります。申し込みについてはインターネット、電話、FAX、来店などがありますが、電話は一番多い申し込み方法ですが、最近はインターネット申し込みをする方が増えています。

また、必ず来店しなければ最終審査ができない中小消費者金融もあります。インターネットを用いていない中小消費者金融もあり、申し込み対応はさまざまです。

中小消費者金融や街金での審査の特徴としては、ブラックでも借りられる店です。街金一覧などのサイトでは、多重債務者や債務整理者でも借りられる業者を集めています。全国対応なら福岡在住でも、どこの地域の街金に申し込みが可能ですから、是非参考にしてください。

中小消費者金融評判の業者

福岡は中小消費者金融も多いです。博多駅前の株式会社スカイオフィス、株式会社エクセル、CMも行っている株式会社しんわなどです。株式会社アスカは現在キャッシング業務はインターネットからはできません(以前はしていました)。

特におすすめは、スカイオフィスとエクセルで、口コミでも評判の申し込みしやすい中小消費者金融おすすめのところです。もちろん、大手の有名消費者金融カード会社も多いです。全国的に見ると、フクホー、アロー、ライフティなどがあります。

いよいよ多重債務でまとめローンをお考えの方は、東京の中央リテールがあります。ただし、ここは来店必須で、基本的に遠方の方の受付はしていません。そうなんです、来店の場合は地域密着型で、都内、県内のみの申し込みになってしまいます。

来店の方が審査が甘くなるという口コミもありますが、この事実はないようです。中小消費者金融に関しては、基本的に審査が甘く、申込方法、審査方法での差は審査基準によるとされています。申し込みをしてみないとわからないというのが事実のようです。