福岡で即日融資の審査に行われる内容とは

福岡で即日融資の審査に行われる内容とは

福岡で即日融資の消費者金融キャッシングや銀行カードローンに申し込みをすると、必ず行われるのが審査です。貸し付けをする金融機関側としては、きちんと返済の取り決めを守ってくれる人でないと貸し倒れになってしまいますので、そのようなことがないよう審査が実施されます。

中堅消費者金融では独自審査を行っていますが、全国的に有名な大手の消費者金融や銀行では、毎日大量の申込者の審査にあたらなければならないので、スコアリングシステムと呼ばれる方法が取られています。

スコアリングシステムとはコンピューターで行う審査スタイルで、その人の属性に応じてスコア(点数)が加算されていきます。申し込みフォームには氏名や住所、連絡先、勤務先、勤続年数、年収など、さまざまな個人情報を申告します。その項目ごとにスコアがつけられ、トータルで点数が高いほど審査に通過しやすくなり、高い利用限度額が可能になります。

融資をしている金融機関はどこも個人信用情報機関に加入しています。個人信用情報機関は日本に3ヶ所あり、金融機関は申し込みをした人の情報に関してのみ照会していいことになっています。

これはもちろん厳正な審査を実施するためのもので、一定年数の過去や現在に他社から融資を受けているか、受けている場合はどこから借入残高がいくらあり、しっかり返済が守られているかなどが確認されます。

もし個人信用情報機関の登録内容と、新規申し込みをしたところで申告したデータに違いがあれば、虚偽がすぐにバレてしまいますので正確に伝えることが重要となります。

その他に、福岡の即日融資審査で実施されているのは、提出した必要書類の確認作業です。基本的に運転免許証などの本人確認書類だけで申し込みができますが、50万円以上の希望融資額の方や、他社からの借り入れとの合計金額が100万円を超える場合などは、その他に収入証明書類の提示も求められるところがほとんどです。

金融業者によっては、金額に関係なく収入証明書類の提出が必要になりますので、公式サイトなどで確認し申し込む前から準備しておくと手続きがスムーズです。

申告をした勤務先に本当に籍があるか確かめるために、在籍確認が行われます。職場に電話を入れる在籍確認方法が主流ですが、書類にて行っているところもありますので、ご都合に合わせて選んでみてください。

即日融資を希望する日が土日祝日で、勤務先の休業日と重なる場合は、金融機関が電話をしても職場に誰もいないでしょうから在籍確認ができず審査がストップしてしまいます。在籍確認ができなければ、いくら即日融資に対応している福岡の金融業者でもそれ以上手続きを前へ進めることができません。となると、申し込みをした当日に融資を受けることができなくなってしまいます。

借り入れをしたい日が職場の営業日と重ならないかなど確認し、重なる場合は書類で在籍確認が行われている金融業者を選んだ方がいいでしょう。