限度額までの借り方 突然融資できないって、どうして?

限度額までの借り方 突然融資できないって、どうして?

金融業者の多くは、50万円を一定のラインとしています。

大手消費者金融で収入証明書が必要になる金額であり、中小消費者金融ではたいてい50万円が限度額です。小口融資とも言えるのですが、年収3分の一の総量規制を考えると、50万円というのは最低150万円の年収がなくてはならないことになります。

では、年収は最低150万なければならないのでしょうか?

年収は高いほど良い

お金を借りる時、銀行でも金融業者でも高い収入の方が良いです。返済能力が高いからです。

しかし、現在はカードローンではパートやアルバイトでも借入ができます。平均年収100万円程度、甘い審査の金融業者では80万円程度でも借りれることが多いと言います。

消費者金融では、総量規制で年収に応じた限度額が決まりきっています。ですから、低い年収には限度額も低く設定することで審査通過になります。150万円まで行かない方でも、カードローンそのものは持つことが可能であり、審査対象になります。審査通過は信用情報などで決まります。

総量規制範囲内は借りれる

これが多重債務になる原因です。150万円の年収なら50万円が総量規制。2社程度の大手消費者金融カードローンは返済がきちんとできていれば申込ができます。

無利息期間のカードローン2枚で1万円ずつ借りることも可能です。この程度で収まっていれば良いのですが、少ない年収での借り過ぎは注意です。特に大手消費者金融では総量規制範囲内での借入だとしても、借り方が悪いとカードローン利用停止になります。

短期間に大金を借りたり、毎日ATMでお金を引き出す。きちんと返済をすると言ったとしても、借り方には注意が必要です。

利用停止になると

その月のキャッシングができないです。返済をある程度しなければならないことになります。ただし、ブラックリストではないので安心はできます。

会社の方針で借り方が乱暴で一時的なペナルティであり、その後返済をしたのならもとのカードローン利用ができます。この時、融資できない貸してくれないと中小消費者金融などで無理やり借りないことです。

大手消費者金融では様子見の段階で、中小消費者金融に申し込みしてお金を借りているようなら、新規キャッシングそのものがしばらくできない状態になります。それが、多重債務者のブラックリストとして信用情報に記録されてしまうからです。

総量規制、限度額では自由に借りれるのですが、借り方には十分に注意が必要です。簡単にホイホイと借りてしまったり、カードローン利用停止で他の金融業者に行くことはしないことです。

カードローン利用停止では、カスタマーセンターなどで聞くと、理由がわかることもあります。簡単にはブラックにならないので、早とちりはしないことです。