配偶者が借金をしていたらお金借りれない?

配偶者が借金をしていたらお金借りれない?

銀行や消費者金融に融資の申し込みをしてみたところ、審査に通らずお金借りれないということがあります。

基本的に申し込みをした本人が審査落ちをしたと考えるのが普通なのですが、落ちる理由に思い当たらないこともありますよね。金融機関は審査に通らなかった理由を教えてくれないので、原因がわからずに他の理由を探してみたくなることもあるでしょう。

例えばですが、もし配偶者が多額の借金をしていたら、その夫または妻はそのことが原因で融資を断られることがあるのでしょうか。審査をするときは個人信用情報機関のデータベースを確認しますが、申し込み者の情報だけを閲覧することが認められています。

配偶者などいくら家族や親類であっても、融資の申し込みとは関係がない人の個人信用情報機関のデータを見ることは法律で禁止されています。ですから、配偶者がどんなに莫大な借金を抱えていても、その夫または妻の審査が影響を受けることはありません。ただ、その融資が連帯保証人を必要とするもので、それに配偶者の名前がある場合その人も審査の対象となります。

審査の結果多額の借金の存在が明らかになり、十分な返済能力がないと判断されれば、審査落ちすることはあります。連帯保証人になっていない限りは、配偶者の借金が原因で融資を断られることはないというわけです。冷静に見直してみると、意外な盲点が審査落ちの原因になっていることもあります。

例えば、現在消費者金融は貸金業法によって、申し込み者の年収の3分の1までしか貸し付けができない法律になりました。法改正が行われる以前から消費者金融を利用している場合、変わったことをそもそも知らない方もいらっしゃるでしょう。

複数の他社から借り入れをしているなら1ヶ所だけでなく、全社の合計を合算した総額が年収の3分の1より少なくなければいけません。すでに借り入れをしている金額が年収の3分の1に近いと、それだけで新規の融資を断られることもあります。複数個所から借り入れをしている場合は、残高の合計を出してみれば審査落ちの原因が明らかになるかもしれません。

多くの方が気になるのは、これまで自分が審査落ちした以外の金融情報で、特に直ぐに借りれるキャッシング情報は誰もが毎日知りたい情報だと思います。中には無審査キャッシング、審査なし即日融資などで勧誘している会社もありますが、ヤミ金に手を出すと本当に返せなくなりますので、注意して下さい。