博多にある消費者金融会社と街金の違いとは

博多にある消費者金融会社と街金の違いとは

多数の街金が存在している福岡の博多ですが、ここには多数の消費者金融会社も存在します。

この違いが今いち分からないという方も多いわけですが、消費者金融はどちらかといえば大手であり、街金というのは消費者金融ではあるものの地元密着型、地域密着型の消費者金融といえます。飲食店で言えば全国チェーンが大手消費者金融であり、地元にある食堂のような存在が街金ともいえます。

そのため、基本的なルールなどは消費者金融であっても街金であっても変わることがありません。街金と闇金は耳障りが似ていることから、街金と聞けばそれは闇金なのではないかと考えて敬遠してしまう人もいます。

しかし、街金は消費者金融とまったく同じなので、安心して利用することが可能です。闇金は違法な存在であって、法律も無視した金利設定などとなっていますので、利用すれば後悔することが多いのですが、消費者金融と同じように利息は法律の範囲内で定めていますので、安心して借り入れが可能です。

また、地元密着型の賃金業者であるからこそ、地元の方々の役に立ちたいという思いを持っており、親身になって審査をしてくれることもあります。もちろん、基本的な審査基準に関しては大手消費者金融会社と同じですが、地元の会社だからこそ地元の人が困っている場合には、親身になってくれるという存在でもあるのです。

無論、消費者金融はクールでビジネスライクな審査をおこなっているのかといえば、必ずしもそうとは言い切れません。親身になってくれる消費者金融もあります。ただし、それは珍しいケースであって基本的には事務的に審査をおこなっています。

街金の場合には全ての会社が地元密着企業なので、こうした態度で接してくれることが多いです。具体的に言えば、審査に通るか通らないか微妙なレベルにある人の場合、大手消費者金融の場合には否決されてしまうこともあります。やはり、多くの賃金業者はリスクをとりたくないために、落としてしまうのです。

しかしながら、街金の場合には本人と話をした上で事情などを考慮して、審査に通してくれることもあるのです。そのため、博多においてお金をどうしても借りたい事情があって賃金業者のお世話になりたいと今現在考えている人や、今後お金を借りたい場面に備えて今のうちから情報を得たいと考えている人などは、博多の街の各地にある街金の存在に目を向けてみましょう。