街金と闇金はそれぞれ違うもの?

街金と闇金はそれぞれ違うもの?

多くの方が勘違いしてしまっているのですが、街金は闇金とは異なる存在です。確かに、言葉としては似ています。しかし、街金は合法的な存在であり、闇金は違法な存在という違いがあります。そのため、安心して利用できる業者か不安な中で、利用出来る業者なのかという違いがあるのです。

博多には街金も多数ありますが、裏では闇金もこっそり営業をおこなっていると言われており、実際にそう思える業者のチラシなどが公衆トイレなどに置かれていたり、自宅ポストに入っていることもありますので、こうした業者に接触しないように気を付けましょう。

闇金は法律を完全に無視しているために金利も高く、返済時に苦悩する方が多いものです。下手すれば、利息だけを長々と払う羽目になることもありますし、場合によっては利息の返済さえ難しくなり家庭にまで催促に来ることがあります。返済方法に関して相談することさえ厳しく、債務整理の相談にも応じないケースが多いです。

また、返済催促や回収方法に関しても法律を無視しますので、たとえ深夜であろうとやってくる場合があり、精神的にも追い詰められると言われています。さらに、保険の解約を強制されたり、退職金がある人の場合には強制的に退職を勧められるなど、人生を狂わされることも多いと言われています。

このような事態が、たった数万円の借金をしただけで訪れてしまう可能性もあるのが闇金なのです。闇金は申し込み時には笑顔で受け入れてくれることが多いですし、信用情報機関などにも照会をしません。だからこそ、お金に困って急いでいるときにはありがたい存在に思えるものですが、返済時には苦悩が待っていると言われますので気を付けましょう。

街金の場合には大々的な営業をおこなっていないものの、すべての融資や回収は法律の範囲内ですから、お金を借りる上で安心感しかありません。

もちろん、そのためには審査がありますし利息もとられるのですが、消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどと同じようにお金を借りられるというわけですから、博多においてお金を借りたい場合には闇金ではなく街金に目を向けておきましょう。