借りられない相談ではなく返済できない相談を

借りられない相談ではなく返済できない相談を

借金が返済できないで困っている。自己破産をしてしまったら、生活ができない。今の暮らしを維持したいけれど、どうしても生活費が足りない。これらは、カードローンの審査落ちしてしまい、契約出来ずにどこからも金を借りられない方の悩みでしょう。

問題は何?

消費者金融や金融業者から借りられないことは、理由が存在します。それも、人によって違います。

返済ができないのであれば当たり前ですが、もう少し利息が減ればなんとかなるとか今月だけが苦しい。継続的な支払いはとても無理など、返済に関するトラブルがあれば当然審査は通らないです。

お金借りれない相談は金融業者に問いかけてみても結論は出ませんが、返済が難しいのでなんとかなりませんか?という相談は可能です。要するに、借りれない原因を排除していくことを考えるのです。

例えば大手消費者金融

審査基準では、多重債務3社程度で金融事故が1つもあればお金は借りられません。そこで、返済ができるまで利息だけを支払うとか、返済期間を伸ばすことができます。

そんなことができるの?と思っている方も多いでしょう。契約の変更、返済額の組み直しです。これで金融事故にはなるのですが、返済が楽になります。

しかし、ブラックの一種であり、新規キャッシング審査は通らないです。少なくとも、返済額が小さくなっていくことでキャッシングの必要性がなくなります。中小消費者金融でも同様ですが、これがベストな方法です。

金融業者も鬼ではない

正規金融業者である証として、このような返済に関しての相談はいつでも乗ります。これは、消費者金融にとっても完済するまでの利息収入があります。新規キャッシングは他社でもできないのですから、とりあえず返済リスクの軽減になります。

それって債務整理?

違います。この契約内容では元金が減ることなく、却って利息が増える計算になります。

金融業者が損をしない方法であり、債務整理されるよりずっとマシです。債務整理は減額を目的としたものですから、返せない相談としても内容が違うのです。

借りれない相談をしようではなく、多重債務者や返済額が多い方は返済できない相談を先に行うことです。借りられるかどうかについては、金融業者の審査落ちの段階で、新たなキャッシングの可能性はゼロです。

債務整理者で借りられない

しばらく時を待つしかないのですが、自己破産などで借金がない場合は、生活困窮者自立支援制度、生活福祉資金貸付制度、緊急小口資金制度などの申請をしましょう。このとき、1円でも借金があると受けられないですし、貸付けについては、収入があることと保証人などが必要です。そして、厳しい審査もあり時間もかかります。

最終的には生活保護ですが、そうなると二度とキャッシングができない生活になります。