返済ができないから借りられないということ

返済ができないから借りられないということ

消費者金融では、返済できない方への対処として、催促の電話や郵便物を送って来ることがあります。これに対しては、すぐに対応をすると出来る限り返済ができるように対応してくれます。

しつこくてたまらないと言うのは、消費者金融の方のセリフです。返済ができないのなら、なぜ借りた?と言いたくなってしまうのは、当然のことです。

この返済を守らないことで、個人信用情報機関への報告がされます。全国の借金情報を全て網羅している機関であり、金融機関では情報を共有しています。ですから、1つの消費者金融でこのようなことがあると、同じような審査基準の金融機関でその方の申込に対しては、NOとなり審査落ちになってしまいます。

審査の基準で、滞納や遅滞に関しては信用を大きく落としてしまうと言われています。債務整理と同じブラック扱いになりますが、中小消費者金融では一応過去の遅滞などに対しては、審査対象として話しは聞いてくれます。

この時に、これから貸すお金の返済が本当にできるかを、様々な手を使って調べます。そして、一応返済ができると判断した方にだけ、借り入れができるようにしてくれます。ただし、これは返済が難しい方には絶対に貸してくれないのです。

このような審査がないのはヤミ金です。ヤミ金では、返済の目処がなくてもお金を貸してくれることは多いですが、利息は法外です。1万円で10万円の返済は当たり前ですし、逃げても逃げても追ってきます。

つい、中小消費者金融にも見放された時のヤミ金に頼りたくなる方もいますが、ここは絶対に頼らないことを絶対に守っていきましょう。ヤミ金では債務整理もムダですから、返すまでしつこく追ってきて暴利な利息を請求されてしまいます。

消費者金融の審査に落ちた方は、だいたい自分でもどのような状態かわかっていると思います。お金がないと困ると言うのはあなただけの都合であり、世間的には借りたあなたが悪いのです。ここは順を追って、自分のしなくてはならないことを考え直しましょう。

まずは働く、そして、弁護士などに借金の相談に行くことです。弁護士が嫌なら、消費者センターなどでも良いですから、お金がなくて借りることができなかったけれど、どうしたら良いかと話しをしてみることです。必然的に自分が何をしなくてはならないかが見えてきて、債務整理をすることになります。

審査落ち、それはあなたは今お金を借りることができないだけではなく、返済のことを真剣に考えなくてはならない時がきたのですよという忠告なのです。