消費者金融は借りやすいけれど、事故情報は審査落ちになる

消費者金融は借りやすいけれど、事故情報は審査落ちになる

利用限度額が大きい三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローンで借り入れができたら。

消費者金融より低金利ですから、返済も楽です。実際に、銀行系カードローンでは審査がとても厳しいです。大手消費者金融の方が借りやすいとされています。

銀行カードローンと大手消費者金融

大手消費者金融は利用限度額が、年収3分の一と決まっています。限定的になっていますから審査も甘い点が挙げられますが、限度額が少ないからです。

プロミスやアイフルなどの大手消費者金融の審査では、個人信用情報機関の内容で年収3分の一範囲内となります。その上でキャッシングの可能性を探ります。

多重債務は原則的に良いのですが、2社以上では厳しいです。その時に、銀行カードローンと消費者金融のWキャッシングの場合、総量規制は合算ではないのです。しかし、実際には審査上、多重債務として審査落ちをしてしまうことがあります。

個人信用情報機関の金融事故

例えば、返済をしていなくて延滞している、既に3社以上の多重債務、債務整理直後などは、大手消費者金融ではNGの異動情報です。

また、少ない収入の申告であちこち借りている、続けて申し込みをしている申し込みブラック等も審査に通らないです。金融事故での審査落ちになりますが、大手消費者金融では厳しいです。

カードローン会社では、こうした返済ができないと予測される、金融事故、ブラックの申込情報では、審査落ちの判断になります。個人情報で過去の記録から返済能力が疑わしいと審査に通らない場合もあります。

中小消費者金融の審査

金融事故でも借り入れができるとされる中小消費者金融では、個人信用情報で異動情報がある場合でも借りれる例が多いです。それが口コミ情報としてサイトも多いのですが、中小消費者金融利用している方がほとんどブラックであることから推測されます。

ブラックでも借りれる中小消費者金融では、過去の記録よりも今収入があれば借入限度額である総量規制範囲内のキャッシングができます。2万円とか3万円などの小口融資が主ですが、借り入れられないと審査落ちした後でもお金を借りる事ができます。

中小消費者金融で審査落ちしないために

信用情報の記録で、延滞があると厳しいです。また、収入がないと返済能力がゼロになります。よって、審査に通らないことになります。

借り過ぎの点では、あくまでも総量規制範囲内でしか借り入れができないです。大手消費者金融で、審査落ちになる申し込みブラックは大丈夫です。