自社審査はブラックでも借りやすい

自社審査はブラックでも借りやすい

ブラックでも貸しますよ~、自己破産者も申し込みしてみてね~。自社審査の金融業者のことを調べていると、いかにもこんな営業をしているようですが、ホームページには書いていないです。すべて情報サイトの記事内容です。

一応、金融事故者でも返済が出来るなら融資の相談に乗ってくれることです。一言もブラックでも貸すとは書いていない。金融事故者でも申し込みができて、審査次第でキャッシングが出来るかも?ということです。

自社審査のポイント

ブラックでも借りれる中小消費者金融、中堅消費者金融のことを指しますが、信用情報と申込情報で返済ができないとなると、即座に審査落ちになります。特に、収入があまりない、在籍確認ができないとNGです。延滞をしていたり多重債務も借入件数が多すぎも考えものです。これらの審査内容は、すべて返済が危ないんじゃない?と考えられることです。

要するに、金融事故者でも返済ができます、こうして返済ができますと証明されることで審査に通ります。自社審査では、それが非現実的ではない場合に限って審査に通ると言います。それぞれのパターンで違うので、一元的な審査ではなくそれぞれ申込者に合わせた審査になります。

債務整理者への対応

ブラックリストの中で債務整理者ですが、理由があり仕方なく自己破産しました。任意整理でずいぶん楽に返済ができました。この場合は、しばらくキャッシングができないのですが、自社審査ではOKな場合が多いです。これも債務整理後で借金で返済すべきものがないけれど、収入がしっかりとあるときです。

要するにブラックですが、返済には何も困らない経済状態であれば審査は比較的楽です。自社審査の恩恵を一番受けるのは、債務整理者で自己破産者でも1年程度で借りられるようになります。

多重債務者には少し厳しい

自社審査の借入件数は最大4件です。この数字は最高ですが、その前に総量規制以上は借入ができないです。総量規制は年収3分の一ですから、多重債務は限定的な借り方になります。

ですから、最初から小口融資というのは多重債務のための内容ですが、実際に他社借入も延滞せずに自社審査に通過するのは大変です。多重債務の上に返済額が増えるのですから、あまり良い借金とは言えないでしょう。

延滞はNGですから、自社審査としては多重債務には簡単に借入をさせないことが多いかもしれません。まだ債務整理後の方が借りやすいというのは、たくさんの口コミで言われています。それでも、総量規制範囲内でギリギリの申込をしてくる方は後を絶たないということです。