自社審査融資

自社審査はブラックリストに優しい?

よく大手消費者金融の審査で借入ができない方に、中小消費者金融を勧めるサイトは多くあります。

アローやユニーファイナンスなどは、ランキングサイトなどでおなじみの会社です。これは審査基準のハードルが下がるだけではなく、自社審査に力をいれている金融業者だからです。

もともと、審査は消費者金融ごとに違います。他社審査落ちでもここの自社審査で融資OKと言うのは、中小消費者金融などに多く聞かれることです。

金融事故の扱い

審査は信用調査を中心に行われます。そこでは、カードローンなどでは順調な返済をしていない、自己破産や任意整理などの債務整理と現在の多重債務の金融事故に対しては、厳しいチェックが入ります。

しかし、中堅消費者金融などでは、ここの金融事故はどうしたものか?と保留にします。審査落ちの要件になりません。ここが大手との大きな違いです。

ブラックでも借りられたと言うのは、金融事故者も審査対象になるだけではなく、担当者が直接審査の相談のためにコンタクトをとってきます。お金を借りたい相談者に対して、どういうお金で返済計画は存在しているかを最後まで確認しにきます。中小消費者金融では審査に時間をかけるのはそんな理由からです。

ブラック者に対しての細かな審査こそ、自社審査のメリットです。金融トラブル経験なども弁明の余地がある。現在の生活と絶対に今お金がほしいとの訴えなどが可能など、キャッシング会社としては金融事故に優しい対応が注目を浴びています。

専業主婦の扱い

専業主婦は大手消費者金融では借りることができません。自社審査でも収入がない=返済ができないことで、ここの審査の甘さはゼロです。無収入と専業主婦に関して、返済ができないことで申込対象者からも外れています。

ただ、専業主婦の場合、配偶者の収入が審査基準になることがあります。配偶者貸付ですが、専業主婦が生活ができていることは、収入のある配偶者の存在があるからです。ですから、夫の同意があれば専業主婦にも貸付の金融サービスが存在します。

この時は、専業主婦と夫の信用情報はもちろんですが、安定した収入の存在が不可欠です。個人信用情報機関の内容がOKでも、夫が不安定な職場であったり、収入証明書がないとNG。内縁関係も無い話です。

夫の借金内容で借入金がある場合は、総量規制限度内の余った部分が専業主婦の限度額です。専業主婦だけに与えられる特権です。

融資は比較的簡単かも

自社審査は融資の可能性が高いことです。ブラック対応の中には、債務整理後の方も含まれています。

数年前自己破産してから、ブラックリストでどこからも借入ができない。しかし、所得者であり返済能力は今はあるという方の場合、中小消費者金融では高い確率で融資ができます。担当決裁者の判断ですが、個人信用には厳然たる異動情報があったとしても、返済計画に則って債務整理者の申請書を受け取り自社審査が始まります。

一応、他社が借入ができない方もキャッシングOKとなっている自社審査。各ホームページの各人で新着情報などはチェックしておいてください。もっというと、ここより甘い自社審査の口コミによるサイトなども利用の際の参考になります。成功率が高い、難しい事情にも話を聞いてくれるなどの特徴がわかります。

自社審査はキャッシング可能業者として、全国対応のところがインターネットで探す事ができます。