借り入れがあるからどこも借り入れができない

大手消費者金融でも多重債務ができる?

大手消費者金融では、多重債務ができることをご存知でしょうか?多重債務とは、複数の金融業者の借入を同時に行うことです。

総量規制の話し

総量規制は、貸金業法で言う限度額になります。多重債務はできますが、限度額範囲内であることが必要です。総量規制は、年収3分の一です。300万円の年収で100万円が総量規制になります。

貸金業法のキャッシングでは、消費者金融、クレジットカードのキャッシングの部分です。ちなみに、大手消費者金融1社、クレジットカードのキャッシングをしていると、それだけで2社の多重債務になっていることになります。

気になるのが、銀行カードローンです。銀行カードローンは総量規制対象外であり、限度額には含まれてはいないですが、一応多重債務の対象にはなります。

こんな借り方したくない?

大手消費者金融では、初回のキャッシングで30日間無利息サービスがある会社があります。

1つの大手消費者金融では、2回目からは無利息サービスを受けることができません。そこで、2社目も無利息サービスをしたいと思う方は多いでしょう。無利息はとにかく魅力です。1社目の残債があっても、2社目での無利息サービスの申込をすることもあるでしょう。

順調に返済をしているのなら、少しの金額であれば、2社程度の大手消費者金融の多重債務者はできるでしょう。ただ、この時点でクレジットカードのキャッシング枠があったり、銀行カードローンでは借入が多い等の信用情報では難しいでしょう。

大手消費者金融だけが条件

カードローン審査が2社だけで、どちらも審査通過で返済ができているとOKです。ただし、3社目の多重債務はオススメしません。

ちなみに、住宅ローン審査、カーローン等の別の返済をしていたとしても、問題はありません。総量規制、キャッシングとショッピングや目的ローンの返済はあまり関係ありません。

審査対象にはならないのですが、目的ローンなどで延滞や遅滞をしている場合は審査落ちになります。多重債務がではなく、返済をしていないことが問題であり、多重債務そのものはできないことはないでしょう。

大手消費者金融の2社までの多重債務

総量規制範囲内はOKですが、できれば少ない金額の借入が理想です。そして、この多重債務の状態は続けることなく完済したときには、そのローンカードは解約してしまうことをオススメします。完済しただけではなく解約することで、それだけでも信用情報の内容が良くなります。

さらに、大手消費者金融では原則的に多重債務はしないことです。無利息期間サービスは嬉しいですが、少しだけ借りてさっさと完済してしまうことをオススメです。借入があるから借りられないことはありませんが、良い印象はありません。

各種ローンがあっても借りれるはず

カーローン、クレジットカードのショッピング、携帯電話ドコモの分割。あなたの信用情報では借金があり、返済しなくてはならない状態になっています。

このとき、返済しなくてはならないけれど、キャッシングができるかしら?これだけ返済しなくてはならないから、キャッシングができないかもしれない。

すべて返済が順調なら問題なし

例えば、dカードでのショッピングをしている。携帯電話も新機種にしたので分割が残っていて、新車のカーローンもあるけれど全て返済は順調です。

このような状態では、大手消費者金融、銀行カードローンの審査も通ることでしょう。初めてのキャッシングであるのなら。

キャッシングと各種ローンは違う

審査基準では、各種ローンの返済をきちんとしている場合は、キャッシング審査には影響がないと言います。ローンの審査に通ったのなら、クレジットヒストリーで返済がきちんとしているのなら、キャッシングの返済も信用ができます。

大手消費者金融なら総量規制範囲内であり、銀行カードローンでそれぞれの限度額の借入ができます。ですから、信用情報でキャッシング以外の借入が結構あったとしても、キャッシング審査は問題ないでしょう。

住宅ローン審査も通ったのだから

目的ローンの審査に通ることで、返済能力が高いと見られます。それだけでも好印象ですが、どこのローンの返済ができない事実があると、大手消費者金融の審査落ちになります。借入があるから借りられないのではなく、借入に対して返済ができないから審査落ちということです。

要は、信用情報の借金の存在ではなく、返せていないという事実が問題になります。目的ローンとキャッシングの限度額は違うのですが、返済していない事実が信用情報であるとキャッシングができないことがあります。

気をつけたい携帯電話

新機種のクレジットをしている場合、通話料金とともにきちんと支払いをして下さい。これが遅れて支払うことで、遅滞になってしまい、カーローン審査には大きな影響が出ます。

1ヶ月程度料金の支払いをしなくても、通話ができるので良いかと思うのですが、その間のキャッシング、大手消費者金融の申込では借りられないことがあります。

借入がキャッシング以外であれば、信用情報上での問題はありません。しかし、返済していない遅滞と延滞があると、キャッシングできないことになります。

これがキャッシングなら一発アウト

キャッシングでの延滞遅滞があり、多重債務したいときにも借りられないでしょう。甘い審査の中小消費者金融ですら、延滞と遅滞の信用情報では本当にキャッシングができない状態になります。

ここは、どんなことがあっても返済ができる借金をすることです。

大手消費者金融と銀行カードローンのどちらを優先?

大手消費者金融と銀行カードローンの多重債務借入件数の許容範囲は2~3件と言われています。曖昧ですが、これ以上は無理でしょう。

厳しい銀行カードローンの審査

大手消費者金融カードローンの借入があってから、銀行カードローン申込は審査落ちになると言われています。

大手消費者金融よりも、銀行カードローンの金融機関の借入審査が厳しいとされています。大手消費者金融での借入がある状態での銀行カードローンの申込では審査に通らないでしょう。銀行カードローンの審査に通ってからの大手消費者金融カードローンの審査は通ります。消費者金融の方が審査は甘い部分があります。

銀行カードローンは総量規制対象外として、もし借入があるとしても延滞などをしていない、多額のキャッシングではない場合は、審査通過ができます。収入があることが必要ですが、ローンカードの作り方として、銀行カードローンからの大手消費者金融カードローンになります。

信用情報上ではあまり関係ない

すでに借入がある。キャッシングでは多重債務になりますが、プロミスとアコムというような大手消費者金融の借入が数万円ずつなら問題はないでしょう。きちんと返済ができていることが必要です。

会社に勤務していて、在籍確認ができれば良いのですが、当然のことながら、大手消費者金融の多重債務も高い収入の方が良いでしょう。

アルバイトやパート等でも高い収入で、勤続年数が長いほど借りやすいといえるでしょう。銀行カードローンは、大手消費者金融よりも低金利での商品になっていて、審査でも慎重です。

大手消費者金融では無利息キャッシングができる

銀行カードローンにはこうしたサービスがありません。そこで、つい先に大手消費者金融カードローンの申込をしてしまう方が多いです。その後のカード会社として、借入があるうちに銀行カードローンに行くのは止めましょう。

どうしても銀行カードローンで借りたいのであれば、大手消費者金融カードローンの完済をして、解約をしたのなら、銀行カードローンの審査は通りやすいでしょう。大手消費者金融ありの銀行カードローンは申込はしないことです。

銀行カードローンからの大手消費者金融カードローンの申込は借りれることが多いです。銀行カードローンの借入が少ない方が良いです。そして、大手消費者金融カードローンの希望額を小さくして、多重債務になることができます。

多重債務者も良いのですが、全ての返済が順調にできる状態での申込をして下さい。カードローン審査通過、とくこに銀行カードローンから借りれる場合は、大切にしたいことです。キャッシングでは、大手消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利での利用ができます。

こんな審査落ちはブラックでしょうか?

大手消費者金融の審査落ちの原因が、他の借入が原因である。そんなときにどうしたら良いかわからない方もいます。原則的に、2社程度の大手消費者金融では審査落ちにならないでしょう。

カードローン審査の内容

プロミスに借り入れがあり、アコムの申込をして審査落ちになってしまった。その例を見てみましょう。問題は、プロミスの借り入れ状況と返済状況です。

プロミスやアコム等の大手消費者金融では、総量規制と言って年収3分の一が限度額になっています。300万円の年収なら100万円です。すでに、プロミスで100万円の借り入れがある場合、無条件でアコムの審査は通りません。その理由は、限度額に達しているからです。この場合、90万円程度でも、収入証明書によっては借り入れができない場合があります。

しかし、50万円しかプロミスで借りていない。その場合、まだ50万円はアコムでも借り入れができるはずです。素直に借り入れができる方もいますが、審査落ちになる方もいます。

返済をしていない

その審査落ちの1つが、先月の返済日に間に合わないといった遅滞です。信用情報では、契約どおりの返済ができていないことで、次のキャッシングができないよう、ブラック情報が記載されている可能性があります。

また、昨日プロミスで50万円借りたばかりで、今日アコムで50万円という場合も、審査落ちになってしまうことがあります。契約2日で総量規制100%の借り入れは、大手消費者金融では歓迎しない内容です。せめて少し時間を空けるか、100万円のいきなりのキャッシングは回避して下さい。

申込内容が違う

プロミスの借り入れから、そんなに年数も経っていないのに、アコムでの申込内容がプロミスと全く違う場合、審査落ちになることがあります。

大手消費者金融では、50万円以下の借り入れでは収入証明書の提出は不要です。しかし、在籍確認はあり、担当者が勤務先に電話をします。その勤務先が違うとか、年収が変化している場合は、審査が通らないでしょう。借り入れがあるからだけではなく、怪しい申込と判断されることがあります。

アコムの前に銀行カードローンの申込をした

申込して審査通過で借り入れをしていないとしても、短期間での複数の金融業者の申込は危険です。銀行カードローンは総量規制対象外ですが、申込記録は信用情報に乗ります。どれだけキャッシングが必要なのかと警戒されることから、アコムでは審査落ちになります。

借りないにしても、プロミスでの借り入れがある限り、短期間でのあちこちの申込そのものが審査落ちになります。これで、プロミスの借り入れがないとした場合でも、場合によっては審査落ちということになります。

申し込みだけを繰り返すと、申し込みブラックになりますが、大手消費者金融と銀行カードローンは審査落ちの理由の一つとして挙げられています。厳密な金融事故ではないのですが、申し込みブラックでは半年間は審査落ちが続くとされています。

大手消費者金融で金融事故はないけれど、中小消費者金融で多重債務者になろう

既に、大手消費者金融や銀行カードローンでの借り入れをしている方は、次に借りる金融業者として中小消費者金融をオススメします。大手消費者金融で借りられないとしても、この提案をするのは理由があります。

大手消費者金融でも審査に通る

多分、順調に審査が通り、返済もきちんとしている。総量規制範囲内での大手消費者金融のキャッシングをしている場合は、大手消費者金融の審査も通るかもしれません。

カードローンの審査は簡単であり、返済もリボ払いで簡単に返せるでしょう。すでに住宅ローン審査を受けた方でも、大手消費者金融のキャッシングもできます。しかし、あえて中小消費者金融や街金の甘い審査の借り入れをすることをオススメするのには理由があります。

甘い審査に甘えよう

中小消費者金融は、ブラックでも借りれるとの口コミが多いです。ブラック情報の内容としては、大手消費者金融では審査落ちしてしまう借入件数が多い、自己破産者でも1年程度で審査通過ができるなどです。

ただ、そんなブラックはない方でも簡単にキャッシングができるのが甘い審査です。大手消費者金融では多重債務もできますが、たまに借り入れができないことがあります。甘い審査ではないことで、信用情報での審査落ちの記録を回避するため、あえて中小消費者金融に行きましょうというのが提案です。

カードローン審査よりも甘い

ブラックでも借りれるので、大手消費者金融でも順調に借りられているのに、どうして当社にきたの?と言われることがあります。否定的な言葉ではなく、中小消費者金融としては、優良な申込者として歓迎です。金利だけは、大手消費者金融と変わりない18%のところに申込にしましょう。

インターネット申込、全国対応、電話、来店での申込になりますが、中小消費者金融のホームページで最短即日融資とあれば、この状態での申込では即日融資ができます。ブラックリストの借り入れでは、中小消費者金融と街金では即日融資ができないと言われています。

しかし、ブラックリストではない方の申込では、高い確率で即日融資ができるとされています。ブラック情報がない、大手消費者金融1社だけの借り入れで総量規制範囲内で返済を順調に行っていれば、確実にキャッシングができます。審査でも、信用情報でも審査落ちという悲惨な結果が残らない方法です。

中小消費者金融の探し方

検索で、甘い審査、中小消費者金融、街金等で出てきます。口コミ情報がとても多いこと、利用者が多い金融業者であれば信用ができます。間違っても闇金まがいの中小消費者金融には行かないことです。

また、まとめローンの提案もされることがあります。その時には返済シミュレーションを確認して、お得ならオススメです。中小消費者金融の返済シミュレーションでは、変災先の手数料も加わります。そのお金も加えることで計算をして下さい。

大手消費者金融の借り入れがあるだけでは、大手消費者金融もキャッシングができますが、中小消費者金融の方が審査通過は確実です。