お金が借りれない カードローン

お金が借りれない カードローン

消費者金融の審査に落ちてしまい借入が出来ないとしたら、キャッシングしたいけど断られてしまった人だと思います。消費者金融で借入が出来ない場合、銀行であればお金が借りれるかもしれませんが、それでもお金が借りれないとしたら、総量規制の問題で借入出来ない人とは違う理由があると思います。

つまり、消費者金融でも銀行でもお金が借りれない属性だと思われます。こういう人がキャッシングしたいと思っていても、恐らく金融機関の審査では借りられないかもしれません。

この場合には、下手に融資希望していても金融機関に相手にされないので、借金があるなら返済ローンを組むとか、他社借入があるならおまとめローンしておくが吉だと思いますよ。

しかし、他社借入が原因でもないとすれば、やっぱり信用情報に事故があってお金が借りれないのかもしれませんので、限度額オーバーの問題でなければ、利用者本人の事故が問題でキャッシング出来ないかもしれませんね。

となると、個人信用情報に問題があって借入を規制されている可能性があるので、カードローンのキャッシング審査には通らないでしょう。だとしたら、次にお金が借りれる業者を探したい場合は、恐らく大手以外の中堅消費者金融の利用となります。

大手消費者金融と違って審査が甘く、誰でも借入しやすいという点で考えれば、まず何処の大手金融会社よりお金が借りやすいと言えるでしょう。但し、借入可能額は多くないでしょうし、審査がゆるい分金利は高めとなっているので、下手に借入ばかりすると借金返済で苦しむ可能性もあるので気をつけましょう。

さすがに、高金利の返済請求となると堪えるものがあると思いますから、金利が高い中堅消費者金融でお金を借りるのであれば、出来るだけ借入件数は少なめで、借入総額も返済出来るレベルで借入するようにしてください。いくら債務整理後にお金が借りれると言っても、返済出来なければ中小消費者金融でお金を借りる意味もありませんからね。

もしも、借金返済が多くて、多重債務で借入しても意味がないようでしたら、貸金業法を守っている中堅消費者金融で安全にキャッシング出来るとしても、返済がかなり辛くなります。なので、借金が多いのであれば申し込みはやめて、理由問わず弁護士などに即相談するべきでしょう。

但し、過去からの借入件数が多い場合、過払い金請求出来る場合があるので、一気に債務整理するより過払い金請求相談からするのをおすすめします。今まで契約してきたキャッシング会社から、過払い金返還請求手続きで返還申し込みすれば、借金返済時に多めに支払い返済していた金利分が返ってくるので、債務整理せずに済むパターンもありますよ。