お金借りられない人に良くあるパターンを見てみましょう!

お金借りられない人に良くあるパターンを見てみましょう!

消費者金融などの審査落ちになった場合、2つの行動パターンがあります。1つはそれでも借りれる消費者金融を探す、もう1つは諦めることです。お金を借りることができないと言うのは、それ相当の理由があるからです。もし、審査に落ちてしまった場合、そこを確認しましょう。

普段の生活の中で収入だけではやっていけない、ではどうしようかと思った時に、もっと働くかお金を借りる選択になることが多いです。

本当は働ければ一番良いのですが、そんな環境ではない時には簡単キャッシングが良いかもしれません。ただ、お金が足りないというのが、この時だけの場合はキャッシングも勧められますが、この先継続してというのなら、消費者金融の利用はしない方が良いです。

継続する消費者金融の利用は、継続して返済をしなければならないのです。お金が不足して借りたのにそれ以上の返済が続くのですから、おかしな話と気が付かなくてはならないのです。毎日の生活で不足する資金が続くのであれば、生活そのものを変えるなど、お金ではない部分に目を向けましょう。

良くあるパターンを見てみましょう。家賃が更新によって値上げしたのに、不景気で給与が下がるケース。決定的に毎月マイナスが出る可能性があります。職場を考えるなどの方法を模索しましょう。

病気をしてしまって収入源が絶たれた、でも保険に入っているから、その保険金が下りるまでの生活費を消費者金融から借りたい、これは健全に見えます。いま仕事はできないけれど、後で保険金が入ります。

しかしながら、この仕事をしていないことで、消費者金融の審査が通らない可能性があります。また、病気が長引いた時には、返済の目処がつかないこともあります。下手に融資を受けないほうが無難です。

毎月の給与は赤字だから、消費者金融で生活費を借りたい。もし、この方の収入が安定していて過去に返済事故もなければ、借りることができますが、毎月不足している生活費から返済はできるのでしょうか?

要するに、消費者金融などのお金は継続して不足しているものを補うためではなく、一時的な資金不足を補って返済が継続して行うことができる範囲でなければならないのです。

先述した消費者金融で、お金を借りたくても借りることができない方は、こうした継続する借金を繰り返した挙句に、ブラックになってしまっていることが多いです。このような方の場合、意地でも消費者金融を探したり、最後にはヤミ金に手を付けることもあります。

とりあえず、最初に申込をした消費者金融で審査落ちした場合は、今は借りることができないんだと諦めるのが正解です。