お金を借りられない=債務整理の時期でしょう

お金を借りられない=債務整理の時期でしょう

大手消費者金融も中小消費者金融からも借りられない。その理由は、返済の見通しがないと審査されたからです。この審査に関しては、内容の公表はないものの、収入と借金のバランスの不均衡がある場合は即座に否決されています。

中小消費者金融では、大手消費者金融での審査落ちの方も対象としていますが、それでも収入が返済できるまで達していないと、審査落ちになります。全ての金融機関から見放された場合は、債務整理しか道はありません。

大手消費者金融、中小消費者金融ともに法律にのっとった営業での貸金をしています。ですから、債務整理も法律に則って行うことができます。債務整理とは、返済を楽にすることができることですが、もうどこからも借り入れはできないことになります。これだけは心して行うようにしてください。

ところが、中小消費者金融に関しては、この債務整理後の方でも借り入れができるらしいですが、それは審査に通った方だけです。

審査が甘い消費者金融として、全国に点在していますが、債務整理後の方の審査はなかなか厳しいです。そして、最初から返済のめどがつかない方に対しての借り入れは一切しないのです。再び、債務整理をしてくださいと丁重に審査落ちの結果になります。

金融機関では、ボランティアではないですから、利息を取ることが経営の根幹としています。ですから、返済ができない=利息を払うことができない方については、審査対象にもしないのです。

債務整理をされたのでは、金融機関は損をしてしまう取引です。それでも、一度貸してしまったのですから、法律で債務整理ときたら従うことになりますが、その方には二度とお金を貸すことはないでしょう。

その金融機関だけではなく、個人信用情報機関で審査をしている全ての金融機関で同じ対応になりますから、お金を借りる行為ができなくなり、それは自分が起こした行動が原因ということになります。

本当にお金がどこからも借りれなくなったら、債務整理をするしかないのです。逃げたらどう?と思う方も多いですが、多くの体験談からは、逃げることは限界があるということです。なぜなら、お金が無いかららしいですが、無駄な行為なようです。