お金借りれない原因とは

お金借りれない原因とは

ブラックリストと言っても様々な形があり、金融事故者、債務整理、任意整理、自己破産者、多重債務、長期延滞などの金融ブラックと言われる方がメインだと思います。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングに融資の申し込みをしても、必ずしも審査に通るとは限りません。よくショッピングモールや大型店などでクレジットカードのキャンペーンを行っていることがありますが、気軽に申し込みをしたところ審査落ちの通知が来てガッカリすることがあります。

審査に通らずお金借りれない原因とは、どんなことが考えられるのでしょう。申し込み用紙や申し込みフォームには、勤務形態や年収などの個人情報の項目があります。年収が少な目の場合、融資をする側としては貸し付けをした資金を返済してもらわなければ赤字になってしまいますので、ある程度以上の年収がある方でないと融資が難しくなってしまいます。

現在の職場で勤務し続けていても給料が上がる見込みがないという場合、副業をするという選択肢もあります。一ヶ所にこだわらなくても年収をアップすることができれば、カードローン審査もキャッシング審査も通りやすくなるでしょう。

年収が一定以上の高い場合でも、お金借りれない可能性がでてくるケースもあります。それは、その職種が不安定な場合です。ただ、上記の年収が少な目なケースと比較すると、まだ不安定な職業に就いていて高い年収を得ている人の方が審査には通りやすいといえます。

「審査結果が知らされるまで少し待たされた」「利用限度額が希望額より少なめだった」というくらいなので、お金借りれないというほどのことではありません。

新規で金融機関に融資の申し込みをするとき、それまでに他の銀行や消費者金融系カードローンなどの利用歴があるとします。あまりにも他社借入件数が多過ぎると、新規でお金借りれないことにつながります。

とは言っても、絶対に審査に不利だというほどのことではありません。意外に思われるかもしれませんが、複数の借入先から借金をしていることは、必ずしも審査に不利というわけではありません。

それは、毎月の返済期日が守られている場合の話です。クレジットヒストリーと呼ばれるものがあり、借入をして返済を繰り返すことは、その人はしっかり約束を守る人だという実績につながっています。貸し付け業者側としては、信頼して取引ができる相手だと解釈していますので、むしろ審査に通りやすい人といえます。

ブラックの借入者は大手の金融業者では借りれないので、総量規制対象外の銀行ローンの審査に通れば良いのですが、それも期待出来そうにないので、中には大事なブランド品を質入したりして何とか現金に変えたりしています。

お金が借りれないで返済、生活に困っている時に、何とか少額でも借りれる街金を探したい気持ちは良く分かります。消費者金融業者も営利企業ですので審査基準があり、返済が出来ない人には融資できないのが前提ですが、収入があれば貸してくれる所もあります。

また、大手消費者金融は審査が厳しく、借りれない人も多いですが、中小消費者金融では借りれたというパターンも多いです。消費者金融選びが如何に大事なのかと解ります。その難関である審査ですが、金融業者によって甘さが違います。

審査の質問内容としては、新規登録なのか、電話(携帯電話、固定電話)、自宅情報、勤続年数、専業主婦、キャッシング経験者、返済トラブル、申し込みブラック、他社ローンの残高などで信用度が数値化されます。特に、銀行系や大手キャッシングは審査が厳しい傾向があります。

実際に今抱えているローンも事業者ローン、フリーローン、低金利ローン、住宅ローン審査に取っている人でも収入と返済のバランスで通らない事もあります。ネットの口コミ掲示板を見ても、私たち消費者の質問者に対して専門家が回答してくれている物も多く、目を通して見るのも勉強です。

中でも、銀行カードローンは審査条件が総量規制外ですので、他で借りれない人でも借りれる場合もあります。