お金を借りれない理由

お金を借りれない理由

我慢すると良いことがある。お金が借りられない。カードローン審査に通らない。審査落ちの理由は1つではありません。

金融会社の考え

消費者金融にしろ銀行にしろ、キャッシングの申込は大歓迎です。利息をつけて返済をしてくれることで得をします。ですから、信用情報の確認の上、元金と同時に利息を入金してくれる人でなければならないのです。

信用ができる人とのローン契約をしなければ、消費者金融会社もカードローン会社も倒産してしまいます。そこで、それぞれが独自の審査基準をつけて申込者を選んでいく、それが審査です。

審査基準の内容

キャッシング審査の内容は、どこも公表はしていません。口コミサイトなどで、体験者などが言うことで分かってきただけです。

ですから、100%の保証はありませんが、少なくともこのような方は審査落ちという内容は信用ができます。

  • 債務整理
  • 多重債務
  • 延滞と滞納
  • 収入がない・少ない・不安定

です。この点のどれかが心当たりのある方は、審査落ちになってしまうというのです。あとは、多重債務が3件でだめ、収入は50万円以上と言う細かな数字が重なっていくことです。

大手消費者金融、銀行カードローンは比較的厳しい。中小消費者金融、街金は比較的甘い。このことは数々の情報サイトを見ればだいたいわかることです。

多重債務は要注意

総量規制が関係する消費者金融では利用限度額に余裕があることが望ましいですが、他社借入件数が多いと与信は減少します。

借入総額が大きいとしても、1社と3社で事故の大きさは違います。融資審査では、より少ない多重債務が良いです。審査担当者は多重債務は重視します。

仕事について

勤務先の情報で、社会保険と国民保険も差が出ます。国民年金などの場合は、勤務先の安定感が違います。社会保険証で在籍確認ができる消費者金融もあるくらいです。

勤務先の在籍確認もきちんとできることが最低条件です。勤務時間などの配慮が必要ですが、勤務先が携帯電話と言うのは、事情があるときにはきちんと説明をしてなくてはならないのですが、不審感は大きいです。

個人事業主の場合は自分の携帯電話でしょうか。提出書類を多くして信用してもらうことが必要で、それを怠ると審査落ちになってしまう事もあります。個人事業主の与信は最初から低いですからね。

銀行カードローンは?

ちなみに、銀行カードローンは消費者金融よりも審査は厳しいです。事故者に対しても容赦なく審査落ちですし、勤続年数などもうるさいです。しかし、無職の専業主婦はOKなのですが、確認電話に出ること必須です。

総量規制対象外でワイドな借入限度額が自慢でしたが、最近は金融庁から規制が入っています。ですから、ますます審査が厳しいと言われています。

債務整理について

大手消費者金融、銀行カードローンに関しては5年以上は申込もしないことです。繰り返ししてしまうと申込ブラックになり、ブラックリストが半年間伸びてしまいます。任意整理などをして3年くらい経った方で、やっと審査の甘い中小消費者金融に行けるかな?と言う程度です。

同じ自動車ローン審査なども数年あけなくてはならないです。事故者にとっては我慢の時ですが、金融事故が更新されるのです。ですから、5年なり10年程度、中小消費者金融にもいかなければ、ホワイトリストとして何処の金融会社からの借入もOKとなります。