お金を借りる 最終手段

お金を借りる 最終手段

お金を借りる最終手段を知っていると、後に良かったと思うことが多いです。

大手消費者金融と銀行カードローンに落ちたら

現在ニートは、どちらからも借入ができません。中小消費者金融でさえ、職業ニートは借入禁止としています。甘い審査ですが、生活ができていることや経済活動をしていることが条件なのです。

では、中小消費者金融にいくことでなんとか借りれたとしても、返済が苦しくなってしまうことがわかると、債務整理しか道はありません。残酷ですが、中小消費者金融利用者の大半が返済に苦しんでいると言っても良いでしょう。

借りる前にやること

買取サービスや買取業者にブランド品などを売る、貯金を切り崩して使う、保険の解約返戻金を利用する、契約者貸付制度などで解約なしでのキャッシングをするなどです。あるいは、クレジットカードのキャッシング機能も確認してみてください。

オークションの利用、生活費を抑えることはOKですが、クレジットカード現金化はしないことです。これは自分の限度額内での利用ですが、個人信用情報機関には報告が行きます。とにかく借りる行為は、きちんと返済しなくてはならない商品です。

自分でなんとかお金を作れるだけ作っておいてからの申し込みをしてくだい。解約返戻金のある生命保険があれば、契約者貸付または解約でお金を作ることが可能です。契約者貸付は借金ですが、返済ができなければ自動解約になるだけで、返済の義務は自分で選択することができます。

余談ですが、断捨離をすることで人生が変わった方もいます。良い運気が回ってきたとのことで、整理をしていると断捨離で悪い気も捨ててしまうことができるとか。消費者金融でも債務整理によって、断捨離と同じような効果があると考えられます。

闇金で借りたらダメ

信用も不要な闇金では、審査無しで借りられるところです。評価する方もいますが、ここは最終手段ではなく債務者の墓場です。まだ中小消費者金融まではなんとかストップをかけたいところです。

闇金にいくなら個人間融資に行く。こちらも個人信用情報機関の審査は無関係ですから、ブラックでも借りられると言われています。しかし、実情はヤミ金業者が個人になりすましていると言われ、やはり最終手段ではなくトラブルの元になりかねないです。

審査落ちになったら

素直に債務整理を選択することをオススメします。最終手段としては、中小消費者金融の審査落ちのあとはここなのです。

友達に借りるとか、個人間融資以外にも確かな借りるところも可能ですが、これも返済ができないと人間関係の悪化です。できれば、金融業者からの借金だけに留め、それができないと債務整理で自身の責任を取ることです。