お金を借りたいが審査が通らない

お金を借りたいが審査が通らない

お金を借りたい、でもカードローンや消費者金融の審査に通らない場合も有ります。

初心者の方に知っておいて欲しい事の一つに、続けて同じ消費者金融に申し込まないことです。

金融事故の心当たりはある?

審査に通らないのは金融事故があるからです。申込者の信用情報や個人情報で、消費者金融の審査基準に1つでも合わなければ審査は絶対に通りません。全くわからない人は、そこで一旦申込を中止してください。

そして、やっぱりと思う方は、審査基準が低い消費者金融に行くか、場合によっては債務整理です。お金を借りたいと思っていても、借りられるところがないのでは、キャッシングは無理です。債務整理しか方法がない方も当然います。

審査落ちに心当たりがない人

どうして審査に通らないのか?キャッシングの知識は、口コミ情報サイトなどでも多いですが、ブラック=金融事故が大きな原因です。

それも種類があるのですが、

  • 延滞(返済し忘れも含む)
  • 多重債務
  • 借り過ぎ

です。

心当たりがない方では、先月分を返済していないこと多かったり、別のキャッシングキャンペーンなどに申込をして多重債務になる。利用限度額以上の借入をしようとしているなどが原因です。

そんなの悪いことなの?してはいけないことなの?と本気で思う方もいるのですが、全てブラックリストの原因です。ブラックリストは債務整理した人だけだと思っていた方も少なくありませんが、キャッシングの金融事故はアチコチにあるのです。

あまりキャッシングの経験がない方は

審査落ちは驚きですが、返済のし忘れ程度ですと、1回くらいなら、返済をした地点でキャッシングを再開できます。しかし、これが続くと延滞、返済しないと滞納になり、本物のブラックリストになります。

多分、なんとなく怖くなって、キャッシングはあまりしない方が良いと感じた方は、今ある借金を完済したらキャッシングはしないことです。脅しではないのですが、何回もブラックリストになってしまうことは先々よいことはありません。キャッシングマスターになったとしても、あまり得はないのです。

大手がダメなら中小消費者金融さ

という知識がある方は、チャレンジを続けることになります。

まずブラックの原因を究明します。多重債務であれば、中小消費者金融でも対応できる件数が限られています。来店が必要なところもありますが、行くことが可能かどうかが問題です。

各中小消費者金融の条件は調べればわかることですが、信用情報機関も一部のものは本人確認ができれば取り寄せることも可能です。ブラックリストの証明である異動情報がいつのものであるのかを遡るのであれば、申込の時期を逆算することも可能です。個人情報に関しては、収入と延滞ナシなどの確認です。

申し込みブラックは原則平気

中小消費者金融は、申し込みブラックにはそれほど対応していないようです。成約率の高いとされる中小消費者金融の申し込みを片っ端からしていく覚悟は必要でしょう。

債務整理経験者は、任意整理などは最中と完済後での扱いが違ったり、勤続年数などがどのくらいがOKなのかも調べてみてください。審査は甘いところは多いと思いますが、自身の総量規制限度額の範囲と返済ができるのかも再確認して、完璧に回答できるようにしておくと審査通過しやすいです。