お金を借りたいけれど借りれない

お金を借りたいけれど借りれない

借りたいのに借りられないのは審査に落ちるから。銀行カードローンも消費者金融カードローンも返済ができない方にお貸ししないことになっています。

審査基準をそれぞれ持っていますが、多重債務や債務整理後の年数、収入などで審査をした上で判断をします。

多重債務はしない方がベター

2社目の新規申込の段階で、借入先にどの程度の債務があるかが問題になります。

銀行カードローンも大手消費者金融なども2社目は審査OKなはずです。しかし、借入金額が多ければ審査は通りません。そして、3社目になってしまうと、その数だけで審査落ちの可能性は大きいです。

金額に関わらず多重債務が審査落ちの理由です。ですから、消費者金融会社で大手などの場合は、2社までのローンとするのが良いです。そして、1社目の残額も少なければ少ない方が良いのは当然ですが、1社でだめですか?というのが本音です。

1社目で何らかの理由で借入ができないから2社目というのなら、それはその時点で審査落ち決定です。今の状態では金融会社では、貸すことができないと判断しているようです。

収入は大丈夫ですか?

みずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンでは、限度額を銀行側で決めます。消費者金融カードローンは収入によって総量規制で決められています。

貸金業法と銀行法という法律が違うのですか、2つ同時に借入限度額があるわけではなく、一応信用情報でこのくらいの債務がある人と判断されます。ですから、限度額は合算と考えたほうがよく、金融機関が違うからWでキャッシングできると思わないほうが良いです。他社借入件数が少なくとも金額が多ければ、審査に響きます。

ただし、年収が高い方に関しては、銀行などでは少し甘い審査になることが多いです。借入限度額が大きいので、多少の金額が言ったとしてもなにかしら借入額も大きくなる人もいます。

しかし、収入があってもこのような方が延滞をすると、一発で審査落ちと言う悲惨なことになります。借入額が大きいことで、返済負担もバカならないのです。借入状況が混沌としていて、年収が高いから大丈夫と思っていると、借りられない事態になってしまうのです。

今までは調子よく借りられていた場合でも、ふいにキャッシング不能になってしまう。高い収入にありがちな大きな落とし穴です。

キャッシング審査はそれぞれ違うと言うけれど

アコム、アイフル、プロミスなどの大手消費者金融、クレジットカード会社、東京スター銀行などのネット銀行、他社カードローンなど、さまざまなカードローンが存在していますが、信用情報機関でつながっています。

返済能力の見方はそれぞれ違うと言いますが、大手消費者金融などはこれらの銀行やクレジットカードと同様の規制であり、何処かで審査落ちをしたのなら借りられない状態になります。

どうしても消費者金融各社での借入ができない。しかし、なんとかして借入をしたい場合には、審査が甘い中小消費者金融もあります。ここは、大手とはちがうので、審査落ちた方も借りられる可能性はありませんが絶対の保証はありません。

ただ、他社ローンが駄目だった方も相談ができると言う余裕だけは存在しています。ここは、試しに審査を受けることをお勧めします。