審査が通らない金融事故

審査が通らない金融事故

カードローン申込のときに今回はダメかもしれないと思う方で、多重債務者が多いといいます。それは過去の経験から、ブラックの予感がするからでしょう。そんな時に、どうしてもお金を借りたいのであれば、少し知恵を絞って考えてみましょう。

どんな金融事故があるか?ブラックリストと一口に言ってもいくつか種類があります。

多重債務者

現在の他社消費者金融会社などの借入件数が2社なら、ぎりぎり大手消費者金融の利用が可能です。みずほ銀行カードローンなどの銀行カードローン審査は無理でしょう。多重債務件数が4社までならば、街金融か中小消費者金融の利用です。極甘の街金があれば、より審査通過の可能性は高いです。

もし、不動産があれば担保カードローンなども検討してみて下さい。この場合、自分の不動産ではなく、人のものでも対応できる場合があります。

現在5社以上、返済額が月に10万近く、借入残高が150万円以上の方は、借入ではなくまとめローンの返済専門の中央リテールの審査が受けられます。東京の街金で、来店審査ができることが条件です。

債務整理経験者

これは、考えようです。一つは、最低5年ほど待つことです。そうすると、大手消費者金融でも銀行カードローン審査も楽々通ります。

そうではなく、今どうしてもお金を借りたい方の場合は、中小消費者金融に行くことです。この時、その金融業者でどう債務整理者に対応するかを確認してください。

ホームページのページトップに、他社で断られた方ご相談下さいとある場合、債務整理した方も相談してください、債務整理返済中も対応します、などの文言があれば有利です。ただ、自己破産した方はお断りとある場合など、債務整理者への対応はさまざまです。

具体的な言葉がないときには、中小消費者金融の特集をしているサイトで確認してください。どのくらいの債務整理者で、何年くらい経っていれば審査通過ができるかが分かります。

申し込み者の年収にもよりますが、債務整理経験者で年数が浅く既に多重債務者であれば、今回の融資は難しいです。中には、債務整理後初の申込なら対応という街金融もあります。そこまではっきりとわかっていれば申込もしやすいです。

総量規制がいっぱい

銀行カードローンと消費者金融の借入額は合算できないです。

総量規制は、あくまでも消費者金融だけの借入分ですから、銀行カードローンの借入だけの場合、消費者金融の審査通過の可能性はあります。ただし、中小消費者金融でしょう。大手消費者金融の借入が多く総量規制限界であれば、中小消費者金融の審査も難しいです。

あくまでも、総量規制範囲内が中小消費者金融で借りれる金額です。金融ブラックでも総量規制範囲が限度で、正規の貸金業者ではそれ以上の借入は絶対にできないです。

延滞者

すべての金融機関・金融業者での審査落ちです。中小消費者金融でも審査通過率は0%になります。

どうしてもお金を借りたい人は日払いバイトでもネットオークションでも利用して、借りたい分の返済をしてから申込をして下さい。もちろんこれからの返済能力が問われますから、その分も考慮してください。

金融事故者は解決できるところは解決しましょう

返済額を少しでも減少できたら、街金融での借入は可能になります。本当にどうしてもお金を借りたいのなら、数日間働いて返済をするだけで、条件は大きく改善します。

日常生活でお金が不足してしまうブラックも多いですが、とにかく審査に通ることが必要です。母子家庭だからお金がないとか、利息が多いから返済日に間に合わないなどいろいろな理由もありますが、どんな形でも返済をしていけば、審査は通ります。

今は借りれないかも、審査基準が甘いところでも、こればかりは金融事故でも許せる内容とそうではないものがあります。