街金審査落ちる理由

ブラックOKといっても独自審査で落ちる人もいる

大手キャッシング業者で審査落ちのあとの選択は、そのままあきらめて債務整理をする、中小キャッシング業者の街金で借りるの2つです。

大手消費者金融の審査落ちの理由

いくつかありますが、多重申し込み者などのブラックであることは大きいです。

信用情報機関で金融事故が認められた場合ですが、この時異動情報と言ってデータで書かれています。延滞や多重債務で借りすぎている、申込みブラックなどが異動情報として報告されている場合、大手消費者金融の審査基準に合わないことでの申し込み審査は落ちます。

一般に大手の審査通過率は50%を切っています。銀行カードローン審査はもっと低いです。テレビCMで明るく宣伝していますが、そんなに簡単じゃないよという方も多いのです。

信用ブラックになって、街金にいく

街金の審査基準は大手とは全く違います。地域密着で経営年数が半世紀以上経っている所も少なくありません。

全国対応でブラックOKと言うのは、貸してあげるのではなく申込みをしても借り入れできる可能性があることで評判です。最近ではカードローンができるキャッシング業者も増えてきましたが、大手NGの申し込みブラックにも対応、異動情報にしても、街金の審査基準に通る内容も多いです。

例えば、債務整理経験者は5~7年程度はブラックだと言われています。それが街金では、任意整理や個人再生返済中もOK、自己破産も1年以上の年数が経っていれば対応という柔軟審査です。ブラック状態のキャッシングもできると人気があります。

街金の審査基準とは?

審査が甘いと言うだけで、審査がないわけではありません。街金の審査通過率は70%程度。ブラック扱いの目線で審査をするのですが、10人に3人は審査落ちです。

逆に、どのような方が借りられないかというと、無収入か極端に収入が少ない、総量規制範囲以上の債務がある、延滞しているまたは過去に長期延滞の経験者、債務整理から月日が経っていないなどです。

このうち注意したいのが申込み時期です。債務整理後は少なくとも1年以上経っている状態。収入はもちろんなくてはならないのですが、専業主婦だけ安定した夫の収入での配偶者貸付が適用されることがあります。多重債務者は基本的にOKですが、他社借入件数と借入額が年収に迫るとか、5件以上はNGです。

このように独自審査といっても、審査通過には限界があります。

街金では、返済能力を今後の収入を目処に審査をしていくので、過去よりも現在と未来の状態を確認することが多いです。大手消費者金融審査落ちが街金にいくと、誰でもOKではないということです。個人信用情報機関の異動情報の内容が極端に悪いと、やはりここでも審査に落ちる事になり、いよいよ債務整理をするしかなくなってしまうのです。

街金の独自審査 信用情報より人間を見る

街金のことは独自審査をしていると言われています。もともと審査内容の公表はないですから、基準となるものはわかりません。

ただし、審査が甘いとされる街金や中小消費者金融では、それぞれのブラックリスト、個人信用情報機関で金融事故がある方のブラック扱いをどうするかで独自審査で審査通過をしていると言われています。

申し込み審査の多種多様

他社借入がある多重債務者にとっては、大手消費者金融の審査は厳しいです。返済能力があったとしても、借入件数が多いだけで審査落ちです。

街金では大方4件が限度とされていますが、返済能力が高い方についてはその限りではないです。同時にまとめローンなども勧めることで、多重債務解消+ブラック融資が実現します。

中小キャッシング業者では、完済が可能な客については総量規制範囲内の小口融資、まとめローンに嫁新規契約の受付などをしています。過去の信用情報でのブラックではなく、これからの返済について、重きを置いているのです。

そして、それぞれの独自審査によって、ブラックでも借りれると評判になっています。

独自審査のNGは存在

街金の実質年率は最高20%です。これ以上は正規金融業者では徴収できないことになっています。

もしそんなことわしたら、営業停止処分、闇金です。ギリギリの20%をかした貸付利率で、あなたに貸したとしても返済ができないと見込まれたとしたら、審査落ちです。経営年数が長い老舗街金ほど、その判断ははっきりとしています。

返済ができない方とは、

  • 収入が低い
  • 信用情報機関での金融事故が多すぎる
  • 延滞状態での申し込み
  • 収入証明書がない

などです。

ブラックOK審査ですが、内容が極悪なものについては貸金以前の問題です。今までの多重債務ばかりではなく、延滞を繰り返すなどの金融事故については街金でも対応しきれないということです。

まずは申し込みを

街金を紹介するサイトでは、甲乙つけがたい審査の甘さが強調されます。ここが、最高に審査が甘いという判断は難しいのですが、独自審査で信用ブラックにも対応。

街金だけどカードローン審査、債務整理直後でも受付、ブラック状態の申し込み可など言葉はいろいろですが、その独自審査は受けてみないと回答がわからないといいます。

実際、利用者のなかは、そんなブラック状態で良く審査通過したという方もいれば、その程度で審査落ち?など、いろいろです。申込者の上辺だけのブラックではなく、内容まで観察するのが独自審査です。特に対面審査の場合、全てを見透かされるといいます。

総量規制範囲内であればチャンスはあることが多いですが、余裕があったとしても完済できない人間だと思われたとしたら、独自審査でも審査落ちがあります。

借金の繰り返し 短期間の借り過ぎと申し込みブラック

大手消費者金融のキャッシングを始めた理由がギャンブル。総量規制限度額があるから繰り返し使っていたら、ある時審査落ちに。街金があるからと出かけていったら、そこも審査落ち。

大手消費者金融のチェック機能

大手のキャッシング業者に申し込みをすると、総量規制で年収が3分の一の範囲内で限度額が設定され、カードローンができます。

何度でもキャッシングができると言われていますが、短期間の引出しは一時的にストップがかかります。解除するためには、返済ができるところを見せるしかありません。とはいっても、まだ返済日まで日数がある場合には、借入ができない状態が続きます。

そんな時にしてしまうのが、他社の申し込みです。総量規制は余裕があるのですから、他の大手消費者金融に申し込み。しかし、多分審査落ちです。何軒も繰り返してしまうと、申し込みブラック。再び金融事故を作ってしまう結果になります。

この時点で、大手消費者金融の審査はすべて通らないでしょう。しかも、申し込みブラックは新たに半年間は申し込みを受け付けないシステムです。

街金や中小消費者金融のチェック機能

個人信用情報機関を確認する街金では、こうした方のブラック内容をすべて把握できます。その上で、融資ができるかを審査します。ここがブラック対応とか、ブラックOKの金融業者と言われるゆえんです。

そこで、この程度の金融事故なら、たいていの街金では審査に通ります。しかし、注目するのが返済能力です。少なくとも繰り返しキャッシングをしてきて、総量規制は余っています。

では、収入は?と確認。そこで、毎月の負担が多い、実は臨時収入があり、大方返済ができるなどの見込みがあるかを聞かれます。それがあるのなら、街金でなんとか借りられるかもしれません。

しかし、「ここで借りたお金の返済だけはしますから」という言い訳は通じません。すべての毎月の返済ができないと判断されてしまうと、そこで審査落ちです。

他社借入で返済ができないと延滞になります。延滞は街金でも審査落ちの理由のとしては大きいので、今回は返済できそうもないので、融資はできませんということになってしまいます。

街金の審査落ち

今回の例では、大手消費者金融での繰り返し借りすぎたことが要因です。借り過ぎ=返済が極端に増えることです。

無計画にキャッシングを続け、街金で借りたいお金の返済の目処がつかないということであれば、総量規制範囲内のキャッシングであっても審査落ちは決定的です。ブラック対応と言うのは審査の段階だけで、融資には至らないということです。

街金フクホーは審査落ちしやすいらしい

ブラック対応の街金として全国的に有名なフクホー。自己破産などの債務整理誤のキャッシングもできるとあって評判も良いですが、審査落ちしてしまう方もいます。

フクホーとは?

インターネット申し込み対応、全国対応のフクホーでは柔軟審査で個人信用情報機関に事故情報がある方でも申し込みができます。借入限度額は5万円からで、初回は最高50万円まで借入が可能です。

審査だけなら、最短10分間です。即日融資ではなく最短3営業日ですが、審査内容によってはその限りではありません。金利は最高18%と良心的です。

インターネットで申込みはできますが、提出書類が多いです。コンビニで取り出せるのですが、この書類が揃わないとキャッシングができません。地域密着の街金ではなく、全国発信で多くの利用者がいますが、同時に審査落ちした方も少なくないです。

冷たいと評判

酷評として、連絡が来ないと審査OKと言いながら、提出書類はいらないという矛盾のある回答が多いです。

フリーローンの審査は最短10分です。そこでOKなら良いと思うのですが、仮審査だけがOKでしたと言われることがあります。その後音沙汰なしの状態が続くとか。

違法業者ではないか?とまで言われるのですが、登録番号も存在する正規金融業者です。カードローン会社ではないのですが、ブラックOKキャッシングは掲げています。

審査落ち原因は明らかではないのですが、やはり返済能力の有無が大きなウエイトを占めています。総量規制ギリギリの借入で実は収入が少ないという方が多いです。3万円だけのキャッシング。それで、総量規制は100%という場合、その時の返済額は相当なものです。

フリーローンですから、総量規制範囲ではみ出していないのなら良い、これだけでは審査落ちになってしまいます。繰り返す審査の電話などで、完済の意図が見えないと審査落ちになることが多いです。

それでも人気のフクホー

街金だけど最高18%の金利だったり、面倒な手続きだけど意外に多重債務者で審査通過率が高いなどの口コミで人気は高いです。ネーミングもわかりやすいのですが、収入の高さが問題になります。

ブラック対応で債務整理中の借入にも対応していますが、きちんと収入確保ができていない、返済ができると確認されなければ容赦なく審査落ちです。

ある口コミで、審査までの対応は心優しかったけれど、審査落ちの回答のときには、とても冷たい言い方で凹んだといいます。それでも相変わらず人気が高いのですが、審査通過率は街金他社と比較をしても低いようです。最近、ますます借りられなくなったとの噂もあります。

街金の審査申し込み 基準は甘いけれど落ちることもある

街金の審査落ちの理由では、返済能力が低い。多重債務の額が多すぎなどですが、一番は延滞しているブラック状態での申込みです。

延滞はNG

大手消費者金融はもちろんですが、街金でも他社借入の延滞は即審査落ちです。これは、独自審査でも認められないことで、今までの返済ができないのに、借入ができるわけがないというのが理由です。

ブラック扱いの審査はしてくれます。債務整理者も審査対象で、まさにブラックOK審査が受けられます。任意整理返済中だけど、一度も返済に遅れたことがない。こうした方は街金で総量規制範囲内であれば、キャッシングが可能になります。

多重債務者についてはそれぞれの独自審査で、5社以上はダメ、収入に対する負担率が◯%ならダメという決まりがあります。それに抵触していないのならという条件が付きますが、たいてい5件以上の多重債務者は街金でも審査通過の状況ではないでしょう。

老舗と新規参入

街金では老舗が多いです。経営年数が50年以上の所も少なくなく、最近インターネットの申込みができるようになった街金も少なくないです。

また、ここ数年の新規では、インターネットやコンピュータースコアリングシステムでスピード審査やカードローンでの対応で顧客を順調に増やしている場合もあります。

どちらが審査に通りやすいか?というと、なんとも言えませんが、老舗で対面審査のところでは借金ができた経緯などの理由を話す事ができます。

同情を買うではないですが、柔軟審査の可能性は高いと言われています。ただ、対面では足元を見られることで、適当になんとかなるさという感じでの申込みでは、街金の鋭い観察力から逃げることできません。

どちらかというと、老舗の方が安心感は大きいと口コミが多いです。

ブラックOKは鵜呑みにできない

ブラック対応のフリーローンがある街金では、基本的に小口融資です。借入限度額は50万円以下ばかりですが、総量規制範囲内でしか借入ができません。しかも、実質年率20%が多く返済負担も大きいですし、取立も厳しいと言われています。

ある街金では、返済遅れで勤務先に連絡がいったとか。急な対応で慌てますが、返済が遅れた場合の街金の態度は、違法業者の闇金並だとも言われています。このようなところでは、返って審査落ちになったほうがが良く、キャッシングではなく本気で債務整理をすることをおすすめします。

ブラックでも借りられるという醍醐味はありますが、審査がある限り、必ず落ちることは想定して下さい。審査基準が甘いのですが、どこまで甘いかの判断は不明です。申込者によって違うようです。