まとめローンの中央リテール その内容

まとめローンの中央リテール その内容

中央リテールと聞いてその事業内容がわかる方は、キャッシング歴が長い方かもしれません。または審査に悩んでいる方、中小消費者金融のお世話になっている方などです。

中央リテールは消費者金融ですが、普通のカードローン利用者には無縁です。ブラック関係には、“最後の砦”の金融業者として知られている知る人ぞ知るの存在です。なぜなら、主力のローン商品はまとめローン1本。それも、他社で断られる多重債務者、返済額も多額でなければ審査にも通らないという内容だからです。

多重債務が原因で、銀行、大手消費者金融や中小消費者金融での審査落ちの方の中で、不動産担保ローンもダメ、借金返済に毎月苦労している方も多いです。もちろん債務整理も念頭にして、それでも借りられるところはないかと検索をしていると、中央リテールに行き着きます。ここでは、完済を目指す方のみまとめローンを担当者から直に勧められます。

ここで肝心なのは、

  • 完済できる収入があること
  • 完済できる意思があること

のみです。

それだけあれば、ブラックOKの借り入れが実現します。しかし、使える融資ではなく、多重債務解消のための資金提供で、契約後は中央リテールに返済のみしていく契約になります。

また、総量規制対象外(銀行カードローン)の債務に関しては、まとめローンに含まれないことから、完全な多重債務解消に至りません。そこで、担当者とじっくりと話し合いをしなければならないのです。ですから、中央リテールでは来店ができる方のみ申込ができます。

東京にある中央リテールまで行ける方が最初の関門です。ここで、中央リテール審査落ちは増えます。遠方の人は、交通費を使って行かなければならないです。しかも、そこで絶対に審査通過できるとき限らないので、中央リテールの申込の段階で、東京行きを断念せざるを得ない方は利用そのものができません。

金融機関としては、多重債務1本化の目的ローンしか取り扱っていないので、融資目的での利用もできません。また、多重債務の件数が少ない方も審査落ちになってしまいます。

ブラック対応の中小消費者金融としては、かなり異質の中央リテールですが、“まだここに来るには甘すぎるブラックリスト”は、全て審査落ちです。中央リテールでの借り換えができないことは、まだそんなにひどいブラックだと喜んで良いのかどうかわかりませんが、少なくとも審査基準が黒々とした多重債務者であること、とことん借りまくってからの申込がオススメです。