甘い審査で融資できない貸してくれないはもうダメ?

甘い審査で融資できない貸してくれないはもうダメ?

経営者にとっては、運転資金の調達には奔走してしまう事態もあります。一番良い銀行融資では審査が厳しいのです。審査も時間がかかってしまうし、提出書類もとても多いです。

銀行等金融機関では、事業資金については貸しますという態度はあるのですが、現実には貸し渋り状態は続いています。

ノンバンクが良い

個人事業主や自営業者では生活に直結した資金がほしいところですが、銀行がNGならノンバンクです。審査が甘いだけではなく、借入に際しても赤字経営でも自身がブラックでも相談可能です。

消費者金融系のビジネスローンもありますが、専門業者も少なくないです。ギリギリの選択と言えば、審査内容も様々です。ただ、金融業者では個人と違う対応が待っています。

個人では中小消費者金融とか、零細消費者金融とか/

事業資金になると、回収リスクが高くなることが多いです。業種にもよるのですが、本来は担保なしのローンだとしても、ここは不動産担保ローンでもなければ対応できないなどの対応があります。

事業資金ではそれなりの金額が必要であり、個人の小口融資とは話しが違います。こうなると、専門業者が強いです。経営の内容も指摘ができる場合は、一から正確な資金の使いみちを伝授できることがあります。

しかし、融資できない貸してくれないと言う結果も出しやすい場合もゼロではないでしょう。これじゃ返せないよという融資相談には乗ってくれないです。

気をつけて

こんな時に、個人事業主や個人でも明るいホームページで、誰でも借りれるとされる闇金融に走りやすいです。金融業者ではないけれど、良い条件のサイトの内容は危険です。個人事業主の場合は、不動産担保ローンなどで釣っている場合が多いですし、個人ではとんでもない高金利のキャッシング提案があります。

ビジネスローンでも中小消費者金融の審査落ちでは、何が軌道に乗っていないですし、個人では債務整理が良い場合があります。大手消費者金融では融資できない貸してくれない場合は次がありますが、中小消費者金融では次はないことも多いです。

事業では腹を決めなくてはならない場合もありますが、自己破産、破産宣告などの選択だとしても、それがリスタートとして考えられるのなら、明るい債務整理です。借りられない、それも甘い審査、緩い審査でも困難というばあいは、本当に借りられないポジションになったと自覚が必要です。

債務整理後の未来はそんなに暗くないですから、また一から始めれば良いでしょう。