家族に内緒でお金借りれない?

家族に内緒でお金借りれない?

不況が続く中、依然としてサラリーマンの1ヶ月あたりのお小遣いは厳しい状況にあります。

付き合いでお金が必要になったり、もっと趣味にお金を使いたいということもあるでしょう。しかし、家族に相談したところで、まだまだ子供の教育資金を貯めなければならなかったり、住宅ローンが残っているなどお小遣いの見直しが難しいかもしれません。

家族に内緒でお金借りれないものなのでしょうか。消費者金融と銀行カードローンとで、それぞれに家族に知られることなく借り入れができる方法があります。

どうしても借りれないけれどキャッシュカードを持っている人は、クレジットカードのキャッシング枠を使ったり、クレジット現金化、現金化サービスをする現金化業者も存在しています。この辺はグレーゾーンで換金率が低い事がポイントで、問題になっています。

銀行カードローンは一般的な申し込み方法で手続きをしてしまいますと、自宅に郵送物が届いてしまいますので、それで家族に知られるリスクがあります。消費者金融でしたら、通常の申し込み手続きを行っても書類の発行は無人契約機や自動契約機で発行し受け取ることができます。郵便物が届く心配がありませんから、内緒でキャッシングができます。

銀行カードローンはさまざまな銀行が扱っている商品ですが、銀行の中でも三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行でしたら、無人契約機や自動契約機がありますので、こちらの2行のカードローンに関しては郵送物が自宅に届かないようにすることができます。

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行以外の銀行でも、家族に知られることなく融資を受ける方法はあります。それは、普通預金用のキャッシュカードが兼用タイプの銀行を選ぶことです。兼用タイプは、最初から2機能を搭載しているものに申し込む方法と、すでに口座をお持ちでキャッシュカードがお手元にあるなら、あとからカードローン機能を追加してもらう方法があります。

兼用のカードのデザインはキャッシュカードと同じで、機能が多いというだけですから、お財布に入っていてもそれを見た人にカードローンの利用をバレる心配はありません。

これまで普通預金口座を持っていて、カードが同じだと本当にカードローンが利用できるか不安になるかもしれませんね。ATMにカードを入れてみると、これまでのメニュー画面に「カードローン」の項目が増えていますので、そちらで確認することができます。

いざというときにすぐお金を準備できる手段があれば、備えになりますので、ぜひ手続きをしてみてはいかがでしょうか。