お金をなんとかして借りるには

お金をなんとかして借りるには

必要なお金が少額の場合は、クレジットカードのキャッシングがもっとも手っ取り早いでしょう。クレジットカードをもっていることが条件となりますが、キャッシングの際に都度審査が必要なわけではないので、クレジットカードを使ってすぐにキャッシングができるのです。

もっとも、クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードのショッピングの1回払いとは違ってキャッシングした翌日から金利手数料の計算が始まります。クレジットカードのキャッシングの金利は、高いとされる消費者金融会社のカードローンの金利よりも高くなっています。わずかなキャッシングの金利ですから数十円とか数百円程度のものですが、それでも普通よりも金利が高いのは間違いないので、注意したほうがいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングは、メインはショッピングで、キャッシングもできるくらいのスタンスがいいでしょう。日常的にキャッシングでお金を調達するような使い方はしないほうがいいです。買い物だけではなく月々の支払いをクレジットカード払いにしている人も少なくないでしょう。

キャッシングを頻繁に使うようになると、クレジットカードの利用限度額というのはショッピングもキャッシングも共有しているので、キャッシングをしすぎてしまうと、月々の支払いが残高不足になってしまう可能性があります。ショッピング枠とキャッシング枠は別物と考えている人も少なくないので、その点は注意が必要です。

キャッシングの際の延滞と同じことなので、場合によっては信用情報に傷が付いてしまうことにもなりかねません。クレジットカードを頻繁に使っている人でしたら、キャッシングは使わないようにした方がいいでしょう。

少額のお金が必要だったら、友人や知人にお金を借りるのが一番手っ取り早いかもしれません。勝手知ったる旧知の仲ですから、友人が困っていたらお金をすぐにでも貸してくれることでしょう。友人からお金を借りる場合の金額はいったいいくらくらいなのでしょうか。それは自分自身で考えてみたらわかりやすいかもしれません。財布の中に常に入っていてすぐに取り出せる、そして月々の生活費や小遣いにそれほど影響しない金額、それでいてもっとも多く出せる金額としては、3万円くらいが相場でしょう。

ですが、お金を借りるのですから、そのお金すらないことを自分自身の戒めとしなくてはいけません。いずれにしても、3万円くらいなら財布の中にあるものですから、すぐに用立てするならその3万円を貸し出す金額の相場と考えていいでしょう。持つべきものは友なのですが、すぐにお金を貸してくれるのは旧知の間がらというものもありますが、お互いを信頼し合っている親友ということも大きいでしょう。

恐らく何も気にせずに気軽に貸してくれることだと思うので、借りる側も誠意を見せる意味でも借用書を用意しておいたほうがいいでしょう。普通は貸す側が借用書を用意するものですが、友人の場合はそれをしないと思うので、借りる側から借用書を作るのです。水くさいと言われながらもきちんと礼儀を示すことで、お互いの信頼関係もますます強まることでしょう。

3万円以上のお金となると、友人に頼みにくくなるので、それ以上となると今度は友人ではなく身内に頼むようにしたほうがいいでしょう。しかし、身内の場合はもっと大きなお金が必要な時に頼りたいので、数万円という額では頼らないほうがいいかもしれません。そのようなときは、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをした方が良いでしょう。

銀行と消費者金融会社とでは、銀行のほうが金利が低いので、返済利息が少なくて済みます。ですから、最初の借り入れは銀行カードローンで借りることができないかを考えるようにしましょう。もっとも、銀行カードローンの審査基準は厳しくて、誰でも気軽に融資の申し込みをして審査に通って銀行カードローンでお金を借りるということができるわけではありません。銀行カードローンの審査に通るにはある程度の属性の高さが必要となるのです。

この属性というのは信用度や返済能力などを計る指標です。属性が高いと審査に通りやすいですし、属性が低いと銀行カードローンの審査に通ることはできないでしょう。属性はさまざまな項目で構成されているのですが、その中でも雇用形態という項目は属性の高低を決定づける大きな要素となっているのです。

雇用形態は二種類に大きく分けることができます。一つは正規雇用であり、もう一つは非正規雇用です。正規雇用はいわゆる正社員ということで、非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、さらには契約社員がこれにあたります。正規雇用の人のほうが属性が他回のはわかるのですが、具体的にはどういったことが属性の高低を決定づけるのでしょうか。それは雇用が会社から保証されているかどうかということです。

正規雇用の人は定年まで雇用が保証されています。入社時に交わした雇用契約がずっと生きているのです。ですから、雇用契約がある以上ずっと雇用が保証される、つまりは身分が保証されているというわけです。一方の非正規雇用の人も雇用契約を結びますがそれは有期です。3ヵ月や6ヵ月のケースもありますし、1年というスパンもあります。

いずれにしてもその期間がくれば、雇用契約を更新しなければいけません。更新できなければ退職ということになるのです。しかも、更新するしないは双方の意思で決まるので、非正規雇用の人が更新を望んでも会社側がNOといえば雇用契約は結ばれず、すなわち退職ということになるのです。ですから、雇用契約を結んでいる間は雇用が保証されているのですが、非正規雇用の人はその期間が正規雇用の人と比べるととても短いのです。

ですから、その点を見ても銀行からは安定した収入があるとは取ってくれないということになります。このことから、正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通りやすいのですが、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通りにくいということになります。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、原資が口座開設者から預かった大切な預金というのが大きいでしょう。貸し倒れに遭うわけにもいきませんし、そのためにあまり公にはなっていませんが、銀行カードローンに融資の申し込みをする際は銀行だけではなく、銀行と提携している保証会社の審査も受けているのです。同時進行ですから審査に時間がかかると言うことはないのですが、銀行の審査が通っても保証会社が審査NGだったら銀行カードローンの審査はNGということになります。

保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が返済不能となったときに、利用者に代わって残りの債務を銀行カードローンに保証会社が返済するのです。そして、立て替えたお金は、その後保証会社から利用者である債務者に請求されます。すでにその時点で債務整理に入っていますから、まずは任意整理でこれからの返済計画を話し合っていくことになるのです。

銀行としてはまったくノーリスクということになるのですが、返済利息の収益が途中で止まってしまうといった収益の機会減少ということになってしまうのです。