総量規制外のまとめローン 美味しい話ばかりではない

総量規制外のまとめローン 美味しい話ばかりではない

消費者金融カードローンの限度額は総量規制です。年収3分の一です。300万円の総量規制は100万円になります。

消費者金融は、貸金業法の範囲内です。銀行カードローンは総量規制は関係ないとされていますが、それは銀行法によるものです。カードローン審査では、銀行カードローンの方が厳しいのは、限度額が高いから、総量規制外であるからです。

消費者金融にもある総量規制外の商品

それが、借り換えローン、まとめローンなどです。これらの融資は、年収3分の一以上でも契約ができます。もちろん審査次第ですが、限度額が上がります。これは、債務者に有利な審査として貸金業法の例外措置になります。

審査はとても厳しくなってしまうのは当然です。金融業者としては、借り入れ額が大きくなることで回収リスクが大きくなります。同時に低金利にしなくてはならないことでも収益が減少してしまう。それが、債務者にとってはプラスなのですが。

審査が厳しいから

中小消費者金融で選びたい方も多いでしょう。中小消費者金融でもまとめローンはあります。甘い審査が期待できますが、返済能力が高いことが必要です。

金融事故については、各金融業者で違うのですが、まとめローンの審査は一様に審査が厳しいかもしれないです。

甘い審査の中小消費者金融ですが、まとめローンになると金利が下がります。多額になるほど、中小消費者金融では金利収益が少なくなってしまうリスクがあります。

それで、金融事故があって完済の可能性がないと、中小消費者金融でも借り入れができないことがあります。本来甘い審査の中小消費者金融ですが、まとめローンでは金融事故があると借り入れができなかったとの口コミもあります。

その一方で

中小消費者金融のまとめローンでは、多重債務者に無理やり契約を迫る場合もあります。低金利と言いながら、返済期間を長期化させる。10%以上の多額のまとめローンでは、返済が長引くと総返済額はかなり高くなります。

まとめローンで得をすると言いながら、この利益収益を目的とした中小消費者金融のまとめローンの話は簡単に乗らないことです。多額のキャッシングですが、10年間の返済期間があるからと説得される場合もありますが、120回の返済で10%以上の利息は相当な内容になります。

それなら、債務整理しかないという多重債務者の場合、まとめローンではなく、債務整理の方が良い場合があります。中小消費者金融の総量規制外のキャッシングに関しては、シミュレーションを確認しましょう。その上で、甘いことばの勧誘があるまとめローンについては、警戒をした方が良いかもしれないです。