お金が借りれない理由

年齢と年収で審査落ち年齢と年収で審査落ち

消費者金融で審査に落ちてしまうのは理由があるからです。ホームページなどで借入対象になっていない方の場合、詳細な審査の結果ではなく、このような方は最初から申込をしない方が良いでしょう。

未成年

消費者金融も銀行カードローンも満20歳以上が対象です。学生であったとしても、働いている場合も未成年は受付されません。ただし、クレジットカードについては親権者の同意を得た上で少額の使用ができますが、キャッシング枠は採用されません。

高齢者

未成年ではなく高齢者もダメなところが多いです。69歳以下が最高年齢になっている場合が多いですが、年金をたくさんもらっている方、◯◯会社の会長など名前があったとしても70歳代での消費者金融利用は無理です。

無職と無収入

専業主婦、学生、ヒッキー、家事手伝いなどは消費者金融では対応していません。ですが、収入を得ていれば審査対象になります。それも会社員ではなく、パートやアルバイトでも良く、◯◯からお金をもらっていると証明ができればOKです。

無収入に関しては、退職・休職なども含まれます。コンビニやバーガーショップのアルバイトなどは、審査対象になります。

消費者金融をインターネットで申込をする時の必要事項

  • 年齢
  • 年収
  • 借入件数か借入金額

です。

借入に関してはない方が良いものですが、年齢と年収は絶対項目です。これに書かれるものでない方は最初から借りる資格が無いことです。どうしたって無理ことですから、上記の条件の方は申込をしないことです。

パーソナルデータの最初として、属性以前のことです。特に働いている19歳と言うのは微妙ですが、社会的な地位として、犯罪を犯しても新聞に顔と名前が乗らない親の庇護の元の存在です。そんな社会的に認められていない方にキャッシングの機会を与えることは、法律で堅く禁じられています。

70歳になったら、融資がストップというのもはっきりしています。これは返済ができない恐れがあることを意味していますが、最近では長寿社会になってきていることから、改定される予想はありますが、今のところ70歳でのキャッシングは出来ません。

収入に関しては、年金でも定期収入に入り審査は通ります。銀行カードローンでは、専業主婦は規定の額での借入は大丈夫ですが、消費者金融は駄目です。