すぐにお金が必要

すぐにお金が必要

すぐにお金が必要なときはどうしたらいいでしょうか。金額にもよりますが、少額だったら友人知人にお金を借りるのが一番妥当でしょう。

そうなると、どのくらいの金額なら友人にもお金を借りやすいかというと、相場はやはり1万円程度だそうです。それ以上となると、さすがの友人もリミッターがかかるのでしょう。2万円3万円というとかなりの大金です。

サラリーマンでも妻帯者となると、月の小遣いが5万円が平均です。3万円という金額は友人から無心を受けてもなかなか貸し出す気持ちにはなれないでしょう。それが、1万円くらいならなんとかしてあげたいという気持ちになるようです。

それでも、いついつまでに返済して欲しいくらいのことは言われるでしょう。借りるほうも給料日には必ずと言えますし、実際にそうしなければいけないでしょう。

それでは、1万円を超えるお金の場合は友人知人を頼ることはできないので、そうなると身内に頼るという方法があります。しかし、もっと大きなお金が必要なときに身内からお金を借りるようにしましょう。数万円程度のお金でしたら、自力でお金を調達したほうがいいです。

もっとも、1万円程度でしたら、友人からお金を借りるのも難しくはありませんし、家の不要品や本などをかき集めて買取りをして貰えばなんとかなるお金でもあります。日雇いのバイトをがんばれば一晩で1万円稼ぐこともできるでしょう。

ですが、1万円を超えるとなると、不要品の買取りも不要品では届かない金額と言えそうです。日雇いのバイトも連日になると、昼間の仕事をもっていれば体調的にも厳しいでしょう。

そこで、生命保険などに入っていてそれが積み立て型でしたら、契約者貸付けと言ってこれまで積み立ててきたお金の何割かをすぐに借りることができます。審査もありませんし、かなり手っ取り早い方法ですが、返済が滞ったり返済不能になると、生命保険の解約ということになってしまうので注意が必要です。

他には、銀行でしたら定期預金があれば、残高がマイナスでも普通口座から借り入れすることができます。言うなれば、定期預金が担保になっているということです。しかし、実際には自力でお金を調達する方法もさまざまですが、必要な金額によってその資金の調達法は変わってきます。

さらに、必要な金額が数万円程度ではなく、数十万円となる場合はどうしたらいいでしょうか。手持ち資金がなく、ほぼゼロから資金調達しなくてはいけないというのでしたら、後はお金を借りるという選択肢しかないでしょう。そういったときは、やはり銀行からお金を借りたいと思うのが普通です。

まず、銀行カードローンからお金を借りることを考えます。普通に申し込み書に記入して、店舗窓口に提出するかWEBから申込みをしてもいいでしょう。しかし、実際には銀行カードローンの審査は厳しく、誰でもお金を気軽に借りることは難しいのが一般的です。

というのも、正規雇用されている人、いわゆる正社員でしたら銀行カードローンからお金を借りるのはそれほど難しいことではないでしょう。しかし、雇用形態が非正規雇用となると、途端に銀行カードローンからの借り入れが難しくなるのです。

というよりも、審査が厳しいのでお金を借りることは難しいと考えていいでしょう。銀行カードローンの申込み条件というのは満年齢が20歳以上であること、そして安定した収入のある人ということです。年齢は問題ないのですが、安定した収入という解釈が銀行では厳しくなってしまうのです。

すなわち、安定した収入を得ている人は正規雇用されている人で、非正規雇用の人は安定した収入を得ていないということになるのです。これは実際にはわかりやすく、正社員は身分が保証されていて、終身雇用が崩れたと言われて久しい現代でも無闇に解雇されることはなく、自分から辞めない限りは定年まで会社に勤め続けることができます。

一方で、非正規雇用の人は雇用契約が有期となっているので、半年ごとあるいは3ヵ月ごと、さらには1年ごとに雇用契約を更新しなくてはいけません。更新しなくては勤め続けることができませんし、会社の一存で更新しなければ、雇用契約を結ばないということですから、簡単に会社を退職することになるのです。

会社の一存で簡単に決めることができるので、雇用は将来的に保証されているわけではありません。それを銀行から見ると、雇用が安定していない、すなわち収入が安定していないと見られるということになるのです。

実際には、借り入れ金額が少額でしたら、銀行カードローンの審査に非正規雇用の人でも審査に通ることはできるでしょう。しかし、借り入れ金額の差は、そういった信用度の違いによって正規雇用の人と、非正規雇用の人でしたら借り入れ金額に大きな差が出てくることは間違いありません。

いずれにしても、審査基準が銀行カードローンは厳しいので、非正規雇用の人でしたら審査に通るのが難しくなるのは間違いないのです。また、正規雇用の人でも借り入れがしやすいからといって、複数の債務を抱えるようになると、どこかで銀行からの新規の借り入れができなくなるので注意しなくてはいけません。