銀行で借りれないとき

銀行で借りれないとき

銀行カードローンの審査に通らないときは、消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをするようになります。申込み条件の対象者は銀行カードローンと変わりません。

ただし、安定した収入のある人の定義が消費者金融会社では、緩く広範囲になっているといっていいでしょう。審査基準も銀行よりも低くなっているので、消費者金融会社のカードローンのほうが借りやすいのは間違いないです。

もっとも、銀行カードローンの審査に落ちたからといって、すぐに消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをしても審査に通ることはできません。信用情報機関に銀行カードローンの審査に落ちたということが記録されていて、消費者金融会社のカードローンの審査の時にその情報を照会することによって、他者のカードローンに融資の申込みをして審査落ちになったという情報が分かるのです。

他者の審査に落ちたのなら、何か問題があったのではということで審査に通すことがないということになります。審査に落ちたということはネガティブなイメージでしかないので、審査落ちが分かった時点で新規の申込みも審査落ちということになるのです。

これを申込みブラックと呼んでいて、審査に落ちた情報は半年間は消えることがありません。ということは、半年待たないとカードローンの新規の申込みができないということです。

これを知らないと、何度も申込みをしては審査に落ちてしまうので、ずっと無限ループのように審査に落ちまくることにもなりかねません。ですので、一度カードローンなどの審査に落ちた場合は、半年は待たないといけないということです。

そうなると、確実に審査に通ることを確信して、カードローンなどに融資の申込みをしなくてはいけません。属性に不安のある人は銀行カードローンに融資の申込みをしないほうがいいでしょう。

複数の借り入れがある場合、借り入れが増えるほど属性が低くなるので、できるだけ早いうちにおまとめローンなどを利用して複数の債務を一本化しておいたほうが良いでしょう。債務件数が多くなると、銀行も消費者金融会社でさえも審査に通りにくくなってしまうのです。

おまとめローンにしたら、金利の関係で多少でも返済金額の総額が少なくなる場合もありますし、場合によっては多少増える場合もあるかもしれません。しかし、債務件数を一本化するメリットは計り知れません。複数の債務があるよりも確実に債務を一本化するほうがメリットがあるので、何をさておいてもおまとめローンを活用するようにしましょう。

ある程度債務件数が増えてくるとおまとめローンも使えなくなります。それは多重債務者と思われるからです。銀行でしたら、借り入れ件数が3件以上で多重債務者、消費者金融会社でしたら4社あるいは5社以上から多重債務者となるようです。

消費者金融会社のカードローンなどは、銀行カードローンの審査に通らない人の受け皿的な存在となっているので、できるだけ消費者金融会社のカードローンで融資の申込みを行うようにしましょう。