どうしたらお金を借りることができるの?

どうしたらお金を借りることができるの?

お金が必要でもなかなか審査に通らないことがあります。特に消費者金融会社で複数のカードローンを契約している場合は、総量規制に引っかかっている可能性があるので気をつけたほうがいいです。というのも、消費者金融会社での借金の総額は年収の3分の1までと決められているのです。

ですから、年収300万円の人は借金の総額は100万円までとなります。年収100万円の人は33万円までしか借りることができないという計算になります。そうなると、それ以上のお金を消費者金融会社で借りようとすると審査の段階でNGということになるのです。

融資の申込みをしても審査で落ちる理由というのは、銀行でも消費者金融会社でも決して教えてくれません。ですから、審査に落ちる理由というのを自分で推察するしかないのです。多重債務となって借金の返済に借金をしようと思っている人の行き着く先は債務整理でしょう。

申し込みブラックに気をつける

審査に落ちる理由の一つに申し込みブラックがあります。これはかなり信憑性が高いのですが、審査に落ちるとどうしてもすぐ次の申し込みをしたくなるものです。というか、実際にしている人は多いでしょう。実はこれが審査に落ちている原因かもしれないのです。

というのも、審査の場合は必ず銀行や消費者金融会社は加盟している信用情報機関に申し込み者の照会を行います。そうすると、申し込み者の様々な情報が返ってくるのです。他社債務の状況は使用状況などが主なのですが、それにプラス直近の融資の申込み状況なども記録され、それが照会情報としてあがってくるのです。それには審査に落ちたという情報も中に入っています。

それを知った銀行や消費者金融会社は、他社の審査に落ちたのだから問題があるのだろうということで詳細な審査をせずに、そこで打ち切りにして審査NGにするのです。審査方法が変わらないのであれば、他社で審査に落ちたのなら自分のところも審査に通すわけにはいかないということですね。

これが申し込みブラックなのです。この情報は6ヶ月は保持されるということですから、審査に落ちて闇雲に他社の融資の申込みをしても審査に通ることはないのです。ですから、次から次へ融資の申込みをしても労力の無駄になるだけですから、申し込みは控えたほうがいいでしょう。

記録の消えるタイミングもあるかと思いますから、直近で融資の申込みの審査に通らなかった日から余裕を見て、7ヶ月経った頃から新たな融資の申込みをしましょう。このことから、審査の申し込みをする場合はできるだけ、絶対に審査に通るといった消費者金融会社のカードローンに申し込むことが大切です。