お金借りたいでも審査がダメ

大手消費者金融で借りれない収入の内容とは?

お金を借りたいけれど、審査に通らない時もあります。それは審査基準が分かれば策はあります。

大手消費者金融カードローンの審査に通らない

審査落ちの理由がたくさんあります。すぐに解決できるものは少なく、内容によっては何年も借入ができない場合もあります。

基本的に、収入と借入と返済の部分のトラブルが原因になります。収入と言えば、20歳以上で安定収入が大手消費者金融では基本です。この時に20歳以上というのは簡単なことですが、安定収入がイマイチわからない方も多いです。

大手消費者金融で言う安定収入

正社員、パート、アルバイト、個人事業主、派遣社員がOKです。共通点としては、100万円程度の年収があり、だいたい毎月の決まった収入があることです。

個人事業主だけは確定申告書が必要になりますが、来月の返済が確実にできることが必要です。収入がないことには話しにならないのですが、大手消費者金融では専業主婦と無職は審査は絶対に通らないです。

主婦でも借りれるとありますが、パートなどで収入がある方限定です。書き方として主婦でも借りれるとありますが、収入があればということです。

安定収入のために働く

働けば来月から給与がもらえます。それは良いのですが、ホームページにはありませんが、勤続年数が関係しています。それが、勤務先に1年以上連続して働いていることです。ここが癌であり、今すぐ働いて安定収入で数ヶ月で大手消費者金融の申し込みをしても審査に通らないことになります。

今から働きにでた場合は、来年の今頃にやっと申し込みができることになります。要するに、1年以上は働くことです。

風俗嬢も借りれる

実は、風俗店勤務の風俗嬢もこの安定収入の部分で審査されることが借りれます。ただし、体験入店や数ヶ月の勤務では審査落ちです。1年以上同じ風俗店に勤務していると、大手消費者金融カードローンの審査に通ります。

風俗嬢の場合は、収入きちんと勤務していると高いでしょう。その安定さで借りれることになります。不安定さが考えものですが。

大手消費者金融審査通過の収入のまとめ

年収は100万円程度は必要で、安定収入があること。勤務先には1年以上在籍していることが条件です。まずはここがチェックです。申し込みの最初にみられる部分です。

虚偽申告はバレます。在籍確認があり、勤務先に直接担当者が電話もしますので、嘘は厳禁です。絶対にバレることになります。ここまで書いていないことであり、100万円年収と1年の勤続年数は絶対条件です。

ブラックリストだから借りれない時期

信用情報が内容が悪くて審査に通らない。こんなことを聞いたことはありませんか?

大手消費者金融カードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングでは信用情報で金融事故があると審査落ちです。別名ブラックリストになると、借入ができません。

ブラックリストの代表というと

債務整理したときです。ただし、債務整理したときは永遠に審査落ちではなく、5年程度経てばまた借りれるのです。

消費者金融会社では、個人信用情報機関の内容で審査をしますが、5年以上前の債務整理者では、他の条件でOKなら借りれます。しかし、5年間は完全ブラックリストです。各種ローンもクレジットカードも作れない時が続きます。この間の借入ができないので、しばし我慢です。

債務整理しなくてはならない理由

それは返済ができない状況です。誰だって、リストラされたり、何かのトラブルで返済ができなくなってしまう危険性があります。人生は何があるかわからないのですが、病気で働けなくなって自己破産してしまう場合もあります。住宅ローンなどの債務が大変でという理由もあります。

返済ができない時には、債務整理をすることで、返済額をへらす法的手段があります。ただし、この契約違反では、信用情報に金融事故が付きます。5年間は待っていてね。大手消費者金融も銀行カードローンもこうしたことで、貸さない事になっています。ブラックリストになったら借りないというのが定説です。

消費者金融会社の決断

債務整理では、一応事情が有り返済ができなくなったけれど、いたずらに遅滞延滞をするのではなく、債務整理の英断は評価しています。ですから、信用情報の更新で以前の債務整理は目をつぶり、再び契約ができます。

ただし、債務整理した消費者金融会社とは縁が切れます。プロミスで債務整理したときには、二度とプロミスのカードローンは使えない。でも、モビットでは契約ができるという内容です。

これだけは勘弁というのは、債務整理者の受け付けはしていない厳しい現実もあります。国内には大手消費者金融は数社ありますので、大丈夫でしょう。

延滞遅滞はしない

返済ができないときには、できればすぐに動くことです。

最初は、契約している消費者金融なりに相談すると完済目的で毎月の負担を小さくしてくれます。そうではない債務整理の選択では、消費者金融に法的手段で減額を願い出るわけです。

もっとも、こうしたリスクを覚悟で貸付をしていますが、大手消費者金融なら理由があれば債務整理は対応します。いたずらに延滞遅滞するよりは、債務整理して減額した方が良いでしょう。

えっ?総量規制に余裕があるのにどうして審査に落ちる?

大手消費者金融の借り方は、審査通過でカードローンができます。年収3分の一の限度額になります。その間は何度でも借りれるという内容です。300万円の年収なら100万円の限度額で有り、100万円までは自由に借りれることになります。

1枚だけのローンカードの場合は、その間はずっと借りれることになります。もちろん毎月決まった返済をしていることが必要です。

突然審査落ち

大手消費者金融では、一応数枚のローンカードの借入ができます。多重債務では2社程度ですが、総量規制範囲内は年収3分の一です。ですから、300万円の年収の方は100万円の限度額を分け合うことになります。

なのに、2枚目の審査に通らないことがあります。100万円の限度額はまだ存在しているのですが、なぜか借入ができない、多重債務ができないということです。

100万円の総量規制で余裕があるときには、すんなりと大手消費者金融の多重債務は2社程度は可能なはずです。しかし、審査落ちと言うことがあります。審査に通らないということです。

個人信用情報機関の内容で何かがある?

債務があるけれど、まだ総量規制範囲内で余裕がある。この間は審査が通るはずです。

利用者が返済をしていない場合は、延滞や遅滞の部分で審査落ちになることがあります。これは信用情報で異動情報が存在していて、返済していない事実があるだけで、総量規制余裕があるとしても借入ができないでしょう。

総量規制範囲内は借りれるというけれど

もし、急激に借入をする。1週間に何回も借入したりと言うときには、返済日前だとしても借り方が危険として審査落ちになることがあります。何回も借入ができると言っても、借り方も一応は確認されることになります。

なぜ、このタイミングで他社の借入をしなくてはならない?ということです。この場合は、その急激に借りた分の返済ができたのなら、また借りれることがあります。

総量規制範囲内は自由に借りれるのですが、借り方が急激だとしたときには、実は審査落ちだったり、追加の融資ができないことがあります。申し込みのタイミングの問題ですが、この人は借りすぎで本当に返済できるのではないか?という不審感があるときには審査落ちということです。

意外にデリケートな審査

総量規制範囲内は自由に借りれるとホームページにもあります。しかし、返済リスクの匂いがある借り方をしてしまうと、簡単に審査に通らないという手段が発動してしまうようです。

審査内容は、公開がなくあくまでも様々な口コミでの情報です。総量規制はガンガン借りれると言っても、いざ借りてしまうと、あとのキャッシングが厳しくなる。審査は実はとてもデリケートだと思った方が良いでしょう。

大手消費者金融審査落ちが申し込む中小消費者金融とは?

大手消費者金融では各社審査ではだいたい同じだと言います。

金融事故があると借入ができない。個人信用情報機関で異動情報があることでは、ローンカードを手にすることができません。アコム審査落ちで、アイフルの審査通過ができないということです。

大手消費者金融審査落ちの検索では

大手消費者金融審査落ちの検索をしていると、中小消費者金融や街金の金融業者が存在することがわかります。大手消費者金融で借入ができないときに、まだ借りれる金融業者はないか?と確認したときに、中小消費者金融と街金があることが確認することができます。

それぞれホームページもありますが、借入情報サイトが豊富に存在しています。そのときに、ブラック対応という書き方があります。消費者金融会社では、審査基準が違う金融業者が存在していて、大手消費者金融審査落ちだとしても、中小消費者金融と街金の借入ができることがあります。これがブラック対応、ブラックOKという内容になります。

言い方としては、すぐに借りれるようですが、ここも審査が存在しています。それが、甘い審査と評されることになります。

現実的な話しだとしたら?

甘い審査では、限界があります。大手消費者金融審査落ちでは、まだ返済能力があれば借りれると言います。それが、どの数字が返済能力なのかどうかです。

中小消費者金融も街金も担当者と直接話しをする事になり、審査内容では大手消費者金融とは違います。実際に毎日中小消費者金融には申し込みがあるようです。そのときに、申し込みはしているけれど、審査通過ができる確率は低くなっていると言われています。その理由は定かではないのですが、実際は返済ができないほどの個人信用情報機関であることです。

消費者金融会社としては、返済ができなければすぐに審査落ちになります。それで、甘い審査ですが、中小消費者金融にしても非現実な申し込みに対しては審査落ちになってしまう可能性が高いでしょう。

延滞遅滞は絶望的

大手消費者金融カードローンで延滞遅滞した状態では、中小消費者金融も街金も絶対に借入ができません。総量規制範囲内で余裕が有り、安定収入があることが必要です。その上で数万円の借入であればできる程度です。

金融事故の内容では、多重債務者もありますが、債務整理者も含まれます。任意整理などして減額したブラックリストでも借りれる場合もありますが、債務整理直後だったり、最初から自己破産者は審査落ちという審査もあります。中小消費者金融の甘い審査でも必ず借りれる保証はどこにもありません。

借りれないのは借りれる状態ではないことを認識して

大手消費者金融カードローンも銀行カードローンも借りれない。甘い審査の中小消費者金融の審査も通らない。そうしたときに、審査なしのキャッシングができたとしたら?

金融機関、金融業者にある審査

どんな場合でも借りるときには審査があります。住宅ローン、カードローン会社、銀行などでも審査があるのは、それが法律のもとのキャッシングだったり、ローンだからです。

その審査は、申込者の素性では収入ですが、個人信用情報機関の内容です。個人信用情報機関では、今までの債務と返済の内容をみて審査を決めることになります。その基準が甘いのが中小消費者金融ですが、ここでも審査落ちの場合はどんな審査も通らないことになります。

審査なしの場合はヤミ金

審査がなくお金を貸すというのは闇金業者です。

個人間融資でもお金貸したい書込みがありますが、彼らの行為もヤミ金です。すべて法律外のキャッシングになりますので、好き勝手なキャッシングになります。貸したい方の言いなりですが、高い金利だったり、脅迫だったり、めちゃくちゃな契約になります。ですから、中小消費者金融審査落ちの段階では、借りないことです。

審査に通らないということは、何かしらの原因があります。その原因の解決が必要ですが、消費者金融会社でNGになることを無くすことです。その多くが、ローンカードが数枚ある多重債務、延滞遅滞している。それが、致命的な返済能力がないからですということです。

中小消費者金融でも、この人は返済ができそうもないと判断されることで、キャッシングができないことになります。だから審査のないヤミ金に行くことで、多重債務者、延滞遅滞者もバレないということです。

ヤミ金で借りるということ

確かに審査はありませんが、高い金利になります。それが、返済ができる内容ではないと言いましょう。そして、頑張って返済をしたのなら、もっと高い金利になります。

返済ばかりではなく、あなたの個人情報が拡散されるだけではなく、反社会的勢力の相手の場合は犯罪に加担してしまう場合も多いです。簡単にヤミ金で借りたいなんて言わないことです。

甘い審査の中小消費者金融審査落ちでは最悪の個人信用情報であり、債務整理開始です。債務がない場合は、とてもじゃないけれど借金ができることができない状態でしょう。そんな時期もありますが、債務整理してしまうと人生が変わります。

ブラックリストですが、返済負担が小さくなりますし、借金に対する考え方が変わって良いのですが。大手消費者金融審査落ちの時点で債務整理してしまう方も賢明な選択でしょう。