大手消費者金融で借りれない時は?

大手消費者金融で借りれない時は?

大手消費者金融やカードローンの申し込みで審査落ちはあることです。特に銀行カードローン審査は厳しいので、信用情報だけではなく申し込み情報の何かが原因で借りられないことはあります。

大手消費者金融の審査

大手消費者金融では、いかにも手軽にキャッシングができるし、ローンカードは20歳を過ぎたらすぐ持てそうな感じがあります。

確かに、初めてのキャッシングは簡単でしょう。今では、スマートフォンからの申し込みもできます。しかし、審査によっては、どうしてもお金を借りたいのに審査落ちしてしまう方は多いです。

多いというのは、大手消費者金融の審査通過率は50%を切っているというデータがあるのです。自分だけではないということで、安心される方も多いでしょう。

いろいろなローンが原因?

大手消費者金融の審査落ちの原因で、自動車ローン、住宅ローン高額医療費の医療ローンがあったから?と思う方も多いですが、基本的には無関係です。

それよりも、申込情報で転職したばかりで勤続年数が少ない、在籍確認ができなかった。信用情報で、現在多重債務者で他社借入れ件数が多い、延滞しているなどが大きな原因です。

うっかり延滞などもありますが、携帯の電話料金が遅滞している場合も審査に響きます。スマートフォンなどの新機種の支払いを分割にしている方は要注意です。

なんとか借りたい時は?

どうしてもお金を借りたいけれど、大手消費者金融や銀行カードローン審査に落ちた方は、審査基準のハードルを下げることを提案します。

それは、中小消費者金融ローンや街金です。大手消費者金融と同じ方法でスマートフォン申し込みができる会社が多く、ブラック対応の金融業者です。こちらの審査は甘いことで知られていて、一定条件を満たすことで、ブラックリストとされる金融事故者でも借入ができます。

要望に対応確率は70%

この数字は、中小消費者金融の平均審査通過率です。どうしてもお金を借りたいと甘い審査の金融業者にきたものの、やっばりダメだったということもあります。

自己破産などの債務整理者も、先月しましたでは審査落ちで最低2年程度は期間が必要です。多重債務者も既に4件以上持っていたり、総量規制範囲以上の借入申し込みも中小消費者金融でもできないでしょう。

ホームページのページトップで簡易診断ができますから、試しに行ってみて下さい。そこでダメなら、甘い審査でも借入はできないです。しかし、電話を下さいということであれば、担当者と直接話をして審査を受けることができます。

中小消費者金融の審査では、コンピューターだけではなく担当者が直に話をします。特に、金融事故者などは内容確認のため、何度も電話をかけてくることが多いです。大手消費者金融のカードローン審査以上に時間がかかることがあります。

そこで、どうしてお金を借りたいけれど、どうしたら良い?という融資相談もできます。返済状況が悪くないことが条件になりますが、延滞だけはしないことはキャッシングの鉄則です。