大手消費者金融の審査通らない?

大手消費者金融の審査通らない?と思ったら

カードローンや消費者金融では、かならず審査があります。ブラックでも借りられる中小消費者金融も存在していて、そちらにすぐに申込みも良いのですが、ちょっと待ったという方もいます。

これは、審査通らない理由が、たまたま申込み時の信用情報の内容で金融事故として扱われていることが原因の場合です。要するに、申込み時に金融事故がない状態であれば、中小消費者金融に行く必要がないのです。

そもそも金融事故、信用情報とは?

審査があると言いましたが、これは申込みの内容と今までの借金遍歴がある個人信用情報機関の内容を調べられることを言います。カードローン会社だけではなく、金融機関も中小消費者金融も同じです。そこで借りられる審査基準に合致しているかを確認します。これが信用情報です。

金融事故は、返済をしていない、借り過ぎているというあってはならない事実です。それがあると、大手消費者金融では借入ができなくなってしまうのです。信用情報に金融事故がある、大手消費者金融と銀行カードローンでは審査に通らないです。

信用情報の何が金融事故?

すでに多重債務などは、変えられない事実ですが、延滞と総量規制範囲内はなんとかなることです。

延滞は、消費者金融会社すべてで金融事故になりますが、返済日当日に返した後に申込みを徹底してください。少し多く借りている場合は、少しでも多く返済をした後に申込む。申込みのタイミングの問題ですが、借りるのなら返してから。多く返せる時には、早めに返すなどの工夫です。

引き落としではなく、振込用紙で返済をするときには、返済日が記載されていて、その前に返済をすると、利息分が浮きます。それを次回に回して行くことで、全体の返済が減ります。元金は決まっているのですが、利息が減少していきます。総量規制には直接関係ないことですが、返済が少なくなっていくことで、負担も減ります。

こうした積み重ねが大切

金融事故になってしまったら、申込みしたことが記録されてしまいます。それは直接金融事故にならないのですが、大手消費者金融ではすぐに次の申込みをしてしまったら、申込ブラックとして扱われることになります。それも、半年間のブラックリストになり不都合になります。

そうではなく、最初に審査通らないと予感した時には、多重債務分の返済を少し多くして、申込みで審査が通る用にしてみてください。中小消費者金融に行くなということではなく、とりあえず大手消費者金融で借入ができるのなら、工夫することはあるということです。

消費者金融の借入件数を増やすより、同じところからの借入が多くなる方が信用情報的にも良いです。

銀行カードローンと大手消費者金融の審査の裏事情

銀行カードローンの審査に通らない場合は、大手消費者金融の申込みが有効だと言います。

しかし、大手消費者金融の審査に通らない場合は、銀行カードローンの審査は難しいようです。ただし、このことは絶対的なことではないです。

審査基準の違い

大手消費者金融も銀行カードローンも、金融事故がないことが前提です。これは信用情報機関で返済をきちんとしている、借り方も無謀ではないことを確認するためです。

ここから、銀行カードローンなどでは安定した収入であるとか、勤続年数が長い上場会社などの安定収入がある方などは、大手消費者金融で審査に通らない場合でも、銀行カードローンで借入ができることがあります。

この年収、この職業という項目はないのですが、大手消費者金融から銀行カードローンの借入ができている口コミもあります。職業の限定はあるのですが、安定収入の方は有利です。

信用情報だけではない審査

比較的若い世代の方が、借りやすいというのも確かです。これは、マーケティングを元に若年層を集客している場合は、審査にも反映されます。

銀行カードローンでは、銀行口座で長期間取引がある。住宅ローンなどの借入があり、ある程度信用があるなど、信用情報の審査以外の項目で、銀行に有利な客であれば、対応が変わるといわれています。いずれも金融事故なしが絶対です。

金融業者の計算

大手消費者金融側にしても、マイナスの客に対しての優遇はないです。銀行も同様ですが、安定収入などでこれからの返済見込みが高い場合は、審査でもある程度の許容範囲を広げることがあります。

それで、口コミでは、審査通らないとされている状況でも借りれたとの内容を見受けられることがあります。口コミでは、具体的な信用情報の内容公表がないので、上っ面だけの事実ですが、実はそんな金融業者の裏事情が審査には加味されています。

申込みブラックに気をつけて

消費者金融などを続けて申込みをして審査落ちになってしまうと、申込ブラックで新たな金融事故を作ります。ですから、大手消費者金融の審査落ちでは銀行カードローン、銀行カードローン審査落ちでは大手消費者金融に1回だけの申込みをしてみると良いでしょう。あくまでも金融事故がない方ですが、審査に通らないことが金融事故であることは確かです。

自分に覚えがない方限定の提案ですが、審査に通らないことはあるけれど、試してみる価値はあります。審査に通る可能性が高いのは、安定収入で勤続年数が長い方です。

大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い

大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない場合でも、審査基準が甘い中小消費者金融や街金では借りれることは多いです。同じ消費者金融でも、審査基準が甘くしていることで、キャッシングがしやすいです。

どうして審査に違いがあるのか?

消費者金融の法律は、貸金業法です。大手消費者金融では、その最低ラインではないことは確かです。利息制限法も最高20%になっていますが、大手消費者金融で金利20%としているとこはないです。

中小消費者金融では、20%は多く、その点の違いは大きいです。金融事故の扱いにしても、大手消費者金融では1つでもNGですが、中小消費者金融では事故内容で判断をしてくれます。

お金を借りる業界として、この差がブラック対応の中小消費者金融の存在になっていますが、もともとは同じ消費者金融です。審査の違いで顧客争奪もなく、同じ貸金業法内の棲み分けが実現しています。

中小消費者金融では、金融事故がない方がわざわざ申込みをすることはないのですが、大手消費者金融で審査に通らない方で、返済能力があれば受け入れができます。それが審査の違いとして現れています。

共通の審査がある

それは総量規制範囲内の借入と収入の有無、延滞の有無です。大手消費者金融でも中小消費者金融でもこの項目だけは、どうして譲れない審査です。貸金業法ギリギリの中小消費者金融では、金融事故があっても返済ができる範囲内のキャッシングしか受付していないです。

総量規制は年収3分の一の範囲内で、かならず収入がある方。そして、延滞をしていないことが、大手も中小消費者金融も共通の審査です。どれかでも当てはまるものがあれば、甘い中小消費者金融の審査も通らないことになります。

中小消費者金融の利用

中小消費者金融の存在すら知らない方が多いことでしょう。大手消費者金融の審査に通らないことで、甘い審査、大手消費者金融審査落ちの検索でヒットする会社はとても多いです。SEOの関係から、検索回数が多いところが上位になりますが、中小消費者金融のことを知らない方は、口コミ情報から確認されることをあえてオススメします。

多くのサイトで、ここは中小消費者金融として安心と太鼓判を押すところが、正規金融業者であることが多いです。ローンカードを持っている中小消費者金融は少ないですが、振込キャッシングで来店不要、全国対応のインターネット申込みができるところが多いです。

体験を交えた口コミが多いですが、かならず正規金融業者であり、評判の良いところの申込みがオススメです。

審査が通らない時に総量規制を増やす方法?

お金を借りるときの審査は、カードローン会社、消費者金融、銀行カードローンなどでも内容が違います。公表されていないことですが、低収入ではたくさん借りれない、たくさんのローンカードは持てないなど、利用限度額があることはホームページからでもわかります。

総量規制

年収3分の一が総量規制であり、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠の利用範囲内です。多重債務もこの範囲内で借入なので、審査に通らないのが多く借りられないのは総量規制であることは多いです。

ただし、今月になって年収が上がったという場合はどうでしょう?反対に収入が下がることもあります。これは、書類上の問題ですが、先月より収入が上がってからの借入申込みでは、信用情報上で急に収入が上がることになります。

今まで金融事故もなく返済実績が高い方は信用度も高いのですが、急に収入が上がった申込みでは、うまくいかないことの方が多いです。特に現在総量規制ギリギリのキャッシングをしている状態で、この状況では審査に通らないことの方が多いです。

収入が上がって総量規制を増やす

返済実績があり、消費者金融で信用が大きい場合できますが、そう簡単なことはないです。

多重債務目的で新しい消費者金融に申込みをした時に、年収の違いから反対に信用ができないと審査に通らない場合もあります。50万円以下では、収入証明書の提出がないので、証拠を出すこともできないのです。

こんな時にこそ

収入が上がったという証拠があれば、中小消費者金融に行くこと。それも僅かなキャッシングでも収入証明書を提出する中小消費者金融では、収入証明書で堂々と年収3分の一の総量規制範囲内の申込みができます。

収入が上がったら、借りたいということ言うことができます。現在総量規制ギリギリの借入だとしても、証拠があれば対応も可能でしょう。大手消費者金融ではこの申込みができないので、あえて中小消費者金融に出向くことで、借入の可能性が大きくなります。

総量規制をうまく活用

どうしたって消費者金融では総量規制範囲内の借入しかできないです。収入証明書があれば、その金額にしたがって総量規制を決めることができます。

中小消費者金融としては審査が甘いことで、延滞をしていないのであれば、審査通過ができることは多いです。融通がきく対応ですが、金利は高くなり、返済負担は大手消費者金融や銀行系カードローンよりは大きくなることは覚悟の上です。

多重債務のキャッシング 中小消費者金融なら借りれるかも?

キャッシング審査に通らないと思う方は、多重債務が多いことでしょう。初めてのキャッシングやすでに完済している方では、審査落ちの心配はないです。

もっと借りられるだろうか?多重債務の悩みで、ひょっとしたらダメかもしれない。そんなことが心配な方は多いです。

大手消費者金融では

原則多重債務ができますが、2社程度が限界だと思ってください。

利用限度額は、最初の申込みに入力した年収3分の一です。その範囲内での多重債務で、2社程度。3社もできるというのですが、会社は増やさない。同じ会社である程度借りたほうが良いです。他社借入が少ない方が良いです。

同じ消費者金融でも

短期間に続けて申込みはしないことです。2週間以内に複数回の借入では、審査通らないことがあります。

たとえ総量規制範囲内だとしても、お金がない状態ではないか?返済ができるのか?こう言った危惧で借入ができないことは多いです。他社借入で立て続けの申込みは申込ブラックとして、そのまましばらくブラックリストになってしまいます。

ですから、利用限度額が余っていたとしても、何回も借りないことです。必要な時に1万円ずつという場合でも、きちんと完済を続けて行くことが必要です。

借り癖のある申込み者では、大手消費者金融でも警戒することが予想されます。申込者のお金を借りる動向については、見回りのように監視されていることが多いです。

大手消費者金融で審査通らない時には

お金を借りる業者として、中小消費者金融や街金の存在があります。

銀行系カードローンでは大手消費者金融以上の審査の厳しさがありますが、中小消費者金融では反対に甘いです。総量規制範囲内であれば借入ができるのですが、利用限度額でローンカードを預けられるのではなく、申込みに対して振込キャッシングになります。

審査は甘いですが、金利は高く、審査時間もかかります。カードローンのキャッシングに慣れている方は不自由さも感じられるのですが、大手消費者金融よりも借りやすいのは確かです。事故情報があるブラックリストでも、相談に乗ってくれます。

おすすめ消費者金融は、中小消費者金融情報サイトなどで、ランキングに入っているところです。甘い審査で評判というよりは、中小消費者金融として安心ができる金融業者が紹介されています。

闇金も多い中小消費者金融ですから、かならず確認をしてから申込みをしてみてください。ATMが利用できる中小消費者金融のカードローン会社なども、全国対応で出現しています。