自社審査の消費者金融は大手と何か違う?

自社審査の消費者金融とは、大手消費者金融以外

インターネットの検索では、

  • 甘い審査
  • 中小消費者金融
  • 中堅消費者金融
  • 中小キャッシング
  • 街金

などの言葉になりますが、全て同じ自社審査と言って良いです。そして、金融庁に届け出をしている正規業者です。

自社審査でも正規業者

法律を守って営業をしているということです。カードローンではなく振込融資で振込返済が多いのです。

金融事故者、いわゆるブラックリストも借りられるのが自社審査の最大のメリットです。それでも法律圏内です。この法律にこだわるのは、債務整理ができる借金ができるからです。

正規業者の借入なら、返済ができないときに自己破産や任意整理などができるので、安全牌を持った申込ができると思って良いでしょう。

総量規制の扱い

中小は大手と違い、個人信用情報の金融事故、例えば多重債務などにも対応しています。総量規制限度内であることが条件です。

総量規制は年収の3分の一を限度額とするその方、借入許容範囲です。自社審査でも総量規制は絶対です。多重債務でも総量規制をはみ出していれば、中小消費者金融でも審査落ちです。そして、収入がある方限定というのも大手・中小共通の審査内容です。

審査の違い

中小消費者金融では、総量規制限度内で返済ができる金融事故者に対して、自社審査で借入の合否を決めるということです。

大手消費者金融では、総量規制限度内で返済ができる金融事故がゼロの方のみ審査をするということです。そして、大手の審査は自社審査とは言わないです。厳密に言うと、大手の審査内容は微妙に違いますが、だいたいは同じです。

しかし、自社審査に関してはそれぞれに違います。個人再生は良いけれど自己破産はだめとか、任意整理中はだめなところ、任意整理中でも融資OKなどいろいろです。

ブラック情報については金融業者で違い、またAさんとBさんでだいたい同じようなブラックなのに、片方だけ自社審査に通ると言ったこともあります。

借入方法

大手ではカードローンがほとんどです。銀行もカードローンやマイページの設定で、ネットバンキングに自由な借入ができます。

自社審査では、基本的には振込融資ですが、最近は融資カードローンもあります。大手同様に限度額内の出し入れがコンビニATMなどでできるところもあります。自社の無人契約機、自動契約機などを備えている中小消費者金融もありますが、数は少ないです。

収入と在籍確認

大手と中小消費者金融の共通点は、収入と在籍確認の存在です。どちらも年収を基本として総量規制で貸出をします。ですから、収入がない無職、専業主婦などは論外ですが、年金受給者も申込ができません。

必ず審査では、年収に対する多重債務などを確認します。借入先が多い、借入金額が多い、どちらかが少ない場合でも、バランスが取れていないと審査落ちです。この点では基準こそ違うのですが、大手消費者金融でも自社審査でも同じ観点です。

審査の甘い自社審査。あくまでも審査を前提にしていますから、確実融資ができる保証はありません。自社審査の基礎知識としては、ブラックでも借りられもかもしれませんと言うだけです。