消費者金融審査甘い理由

審査の甘い中小消費者金融の存在は貴重

キャッシング、カードローン、クレジットカードなど、お金を借りる行為はカード1枚で行うことができます。そのカードを作るとき、審査をしたと思います。消費者金融に申込をした場合でも審査はありますが、モノの数分で終わってしまう方も多いです。

職業と年収に大した問題なしの消費者金融ビギナーなら、すぐにキャッシングができます。キャッシング、クレジットカード初めての方は、本人が返済できる収入があることで審査そのものはあっという間に終わってしまうのです。審査に時間がかかるのは、過去に利用していたり現在多重債務になっているなどの場合です。

審査規準に関しては、消費者金融独自のものを使っていますが、大手消費者金融は皆横並びで一緒です。ですから、1社審査落ちになってしまうと、他の大手消費者金融に申し込んだとしたとも審査には通らないのです。

しかし、大手消費者金融よりも甘い審査の消費者金融が存在していることをご存知でしょうか?お世話にならない方は知らない方も多いですが、大手消費者金融で審査落ちした方でも借入ができる審査の甘い中小消費者金融や街金などがあるのです。そして、ヤミ金と言われる暴利な利息を貪る団体の悪徳金融業者も存在しています。

どうして、消費者金融にも種類があるのでしょうか?理由は簡単です。借りる人がいるからです。

大手消費者金融の審査が通らなかった方は、では借りることができなからと諦めることができない方もいらっしゃいます。なんとか10万円、なんとか5万円と駆けずり回って、中小消費者金融で甘い審査で融資を受けることができた方もいます。大手消費者金融の審査がダメで、間違ってヤミ金に融資を申込、返済に苦しんでいる方もいます。

要するに、大手消費者金融の審査が通らなかった方でも、借りられる金融業者があることで助かる人もいて、それで商売が成立している方も世の中にはいるということなのです。

ヤミ金は法律違反ですが、中小消費者金融は法律にのっとった正規消費者金融であり、ここでしか借入ができない方もいます。そうした方の利用によって会社が成立し、融資を受けている方はそれで生きていける、世の中はうまくできているものです。

甘い審査の消費者金融の損歳、不思議な感じですが、ホームページで検索すると優良消費者金融が数多く探す事ができ、利用者が多数いることも確認できます。

銀行と消費者金融の審査の違い

キャッシングをしようかなというとき、今ですと消費者金融や銀行カードローンが簡単に申し込めます。

この時に気になるのが、どちらのキャッシングが良いか?というところでしょう。この2つの金融業者は、それぞれ法律が違います。消費者金融は貸金法、銀行カードローンは銀行法です。ですから、審査内容が違うのですが、消費者金融の方が借りやすいとされています。

消費者金融とは

消費者金融とは、職業と年収の保証がある20歳以上の方であれば原則利用ができます。

審査は、銀行よりも甘いとされているのは、はっきりとした違いはないものの、銀行カードローンの審査に落ちた方でも消費者金融でのキャッシングができたという点を信じるしかないでしょう。

しかし、総量規制と言って、限度額が年収の3分の一までになっていて、銀行カードローンよりも金利が高め設定になっています。収入があることが大原則であり、無収入、専業主婦の利用はできないことが多いです。

銀行カードローンとは

銀行カードローンは、総量規制がないことは消費者金融と違う点です。ですから、限度額設定した上で、専業主婦でも持てます。

審査は、個人信用情報機関の照会により問題がなければOKで、この点は消費者金融にはない審査です。しかし、総量規制がないため設定限度額が大きくなる場合は、審査も厳しく年収などのチェックで、簡単に借りられないとされています。

いずれの金融機関も個人信用情報機関の情報はしとても大切で、過去の債務整理や滞納・遅滞・延滞などがあることで審査の通過率は下がります。

消費者金融の中には、審査規準が厳しいものから甘いものまであります。銀行カードローンで審査ダメ、大手消費者金融のダメな場合、中堅消費者金融の審査で通る場合が多いです。

この審査内容は、大手消費者金融で審査が通らない個人信用情報機関での金融事故情報があったり、債務整理をして間もない方などもキャッシングができることが多いです。しかし、無収入であったり、総量規制以上の借入は断固として受け入れられないとされています。

審査が甘いとされる消費者金融ですが、収入と総量規制のラインだけは固辞しているなど、きちんと一線を画した審査を行っているのが通例です。

消費者金融の方が審査は甘いと考えられるけれど

キャッシングの申込者に対しての審査は、厳正に行われます。チェックするのは収入で、少なくても安定していることが大原則です。

今では、パートやアルバイトの方も融資ができる環境になっていますが、審査が甘いと勘違いされがちです。このパートやアルバイトの場合は、限度額を小さくすることで返済できる範囲内のキャッシングが可能になっているだけで、年収100万円の方に1000万円ものキャッシングという事はありえない話です。

銀行よりも消費者金融の方が借りやすいとされていますが、総量規制と言って年収の3分の一以上の借入は絶対に出来ません。ですから、年収100万円のパートの方は、消費者金融でも30万円程度のキャッシングしか出来ないことになっています。これが、銀行カードローンの場合でもだいたい同じです。

銀行と言えば住宅ローンも扱っていますが、審査はとても厳しいとされています。キャッシングとは違い、何千万円というキャッシングになりますが、消費者金融で言う総量規制なんていう話ではありません。

銀行では銀行法と言って、消費者金融にはない法律にのっとった貸金を行うのですが、住宅ローンのように大金の貸出については慎重に審査が行われています。

銀行によって審査内容は大差があるものの、厳しい審査になるほど貸付金利が下がります。住宅ローンの場合、0.1%の金利でも返済総額が大きく変わります。銀行のこうした審査は消費者金融にはない厳しいものがあるとして、消費者金融よりも多額のキャッシングやローンが組めるようになっています。

簡単銀行カードローンにしても、その名残りなのか、どうしても消費者金融よりも審査内容は厳しくなっているのが特徴です。その変わり金利が低いものが多いです。

銀行・消費者金融の審査では、個人信用情報機関などの照会がポイントですが、ここで金融事故がある場合、審査は通らないことが多いです。その金融事故も10年以上経っていれば、記録はあるものの信用は取り返していることもあるということです。

ただし、銀行での住宅ローンに関しては、10年前の債務整理などは掘り下げられ、ローンが組めなかったのではないかと推測される場合もあります。推測にすぎないのは、各金融機関で審査結果についての好評は一切していないですから、予想に過ぎなすのですが。

審査の内容はこんな感じかな?

キャッシング会社や消費者金融では、すぐにお金を借りることができるメリットがあります。給料日まで数日間のつなぎキャッシング、即日での振込などサービスも充実しています。

また、クレジットカードにキャッシング枠がある場合も、お買い物をするように簡単にキャッシングが出来ます。消費者金融でも、このような簡単にキャッシングができるのは、来店の必要がなく、インターネットでの借入がすぐにできるからです。

特にスマホからの申込がすぐにできるなど、サービス充実で、お金を借りているという意識が薄れる懸念があるくらいです。しかし、このキャッシング行為は、決して悪いことではなく、返済日に利息を付けて返済をしたのなら、生活に余裕が出来たり、急な出費に使える便利なものです。

簡単にキャッシングができる方はあまり意識しないことですが、お金を借りる申込をした時には、金融機関で審査を行います。本人が申告する情報(勤務先や年収)と過去の借金状況です。

どのような方でも行うことですが、今住宅ローンやカーローンの支払いをしている、先月お買い物でクレジットカードを使ったなどの借金と返済の状況を即座に調べることが出来ます。ここで健全な返済をしている方については、即日融資でも一応希望金額のキャッシングも可能です。

消費者金融では、その審査をすぐに行ってくれるところが多いです。過去に返済を正常に行っている方は大丈夫ですが、必ず行われるものに在籍確認があります。これも審査の一つで、記載された勤務先に在籍をしているか確認するだけです。

個人名で◯◯さんはいますか?と言うものです。もちろんそこに居なくても良く、勤務先の方がその方がいることが証明できれば良いのです。先月辞めました、もう居ません、そんな方居ませんよと言われたとしたら、審査は通らないことになります。

消費者金融では必ず行われる在籍確認ですが、後の項目で問題がある方の場合、ここまでの審査の前でキャッシングはお断りになります。また、総量規制の関係から、多重債務の方の場合も、在籍確認までいかないことが多いです。

銀行でも同じような審査になりますが、その内容は消費者金融よりも厳しいというのが一般的な意見です。銀行カードローンでダメで、消費者金融の審査には通ったという口コミがとても多いです。

銀行と消費者金融、どちらが良いの?

オリックス銀行カードローンは300万円まで所得証明不要で、最高800万円までの融資ができるようです。

一体、800万円の融資を受けるにはいくらくらいの年収が必要なのでしょう?最近、銀行カードローンのバナーや宣伝が多いですが、本当に多額の融資の場合の最低年収が知りたいです。これが消費者金融の場合、800万円を借りられる方は年収が2400万円以上の方なのです。

総量規制

消費者金融には総量規制という決まりがあり、年収の3分の一までの融資しか受けることができません。ですから、オリックス銀行カードローンの場合の800万円ですと、2400万円になるのです。

実際には、銀行の審査ですと、そこまで高い年収じゃなくても良いとされていますが、かなり高くなければならないのです。ということは、総量規制のない銀行の方が審査はゆるい?と考えがちです。

審査の内容

銀行も消費者金融も具体的な審査内容は教えてくれません。ですから、予想でしかないのですが、銀行での即日融資に関してはあまりないとされています。審査に時間をかけるのですが、年収とかけ離れたカードローン申込に関しては、即答で審査落ちを聞かされます。

一方、消費者金融の場合は、即日融資が多いのか特徴です。一定金額のキャッシングには所得証明を必要としますが、WEBで送ったり、自動契約機などでの書類送付でも対応しています。そして、総量規制範囲内のキャッシングは決まりきっていますから、多額のキャッシングは、当然高い年収でなければなりません。

しかし、数字は決まりきっているということです。ということで、消費者金融の方がわかりやすいし、審査も通りやすいのです。

消費者金融の方が審査は甘い理由

いろいろとありますが、即日融資で顧客を増やしたい。少しでも高い金利でキャッシングをさせて、利益を上げたい。などが挙げられています。

そして、消費者金融というとなんとなくイメージが悪いので、CMなどで明るさをアピールしたり、銀行の傘下の入ることで信用度も上げたいなどの理由が考えられます。

銀行は、カードローンだけが利益ではないというのも、消費者金融のほうが審査が甘い理由の一つとされていますが、いずれにしても、審査に通らなければならないですから、今の自分で果たして借りることができるのか?それが問題です。