お金が借りれない審査通らない

お金が借りれない審査通らない

お金が借りたい時に消費者金融でお金が借りれないとしたら、カードローンキャッシングが出来なくて困っているでしょう。しかし、こんな人は銀行であればお金が借りれる可能性がありますので、もしも金融機関でお金が借りれない場合でも、まずは銀行カードローンでお金を借りてみましょう。

というのは、消費者金融でお金が借りれない理由のひとつとして、借入制限となる総量規制が原因となります。だから、こんな理由でお金が借りれない場合は、大手消費者金融でお金を借りるのではなくて、総量規制なしで借入が可能な銀行の融資であれば、お金が借りれるかもしれないと言えます。

ですが、金融機関の審査に落ちる場合はカードローンでお金が借りれない人と言えるので、総量規制関係なくお金が借りれないのであれば、銀行でもお金が借りれない可能性が高いでしょう。よって、もしもこんな場合でも借入希望であればカードで借入はおそらく無理ですので、銀行も消費者金融も諦めて中小消費者金融でキャッシングするのがおすすめです。

消費者金融会社で融資が受けられないとか、銀行でローンが組めないのであれば、プロミスなどのカードローンもだめでしょう。したがって、カード会社ではなくて中小消費者金融でお金を借りて、ブラックでもお金が借りれる可能性に賭ける方が良いかもしれません。

また、返済関係で悩んでいる場合でも、カードローンのおまとめローンがだめなようでしたら、中小消費者金融のおまとめローンであれば利用できるかもしれませんよ。おまとめローンにしてもキャッシングにしても、大手カードローンがだめなら中小消費者金融の審査を受けるようにしておきましょう。

大手以外であれば、割と審査がゆるいので厳しい審査もされません。現状の収入があって勤続年数もそれなりならば、とにかくお金が借りれると思っておいてOKですよ。さらに、多重債務者であればおまとめローン、ブラックでもフリーローンで簡単に他社より楽にお金が借りれると言えます。なので、利用限度額内であれば、この手の金融会社からお金を借りてみましょう。

もしも、借入件数が多いとか借入しても返済が困難になるようであれば、老舗消費者金融会社からお金が借りられて安心だとしても、先々が不安となります。なので、こんな人は延滞したり返済放棄する可能性も考えて、弁護士に債務整理について自己破産を相談しておくとか電話連絡しておくべきでしょう。

ただ、特に問題もなく返済可能であれば、今の年収の1/3以上じゃなければ借入可能となるでしょう。加えて、延滞の心配もなければ、普通にお金を借りても金利が高い位で他に問題はありません。中には、事業資金に強いローン専門の業者もありますので、時と場合によってキャッシングの使い分けを検討してみましょう。