消費者金融の審査通過しやすくする為のポイント

消費者金融の審査通過しやすくする為のポイント

消費者金融の審査を通過させる為には、審査の際のスコアリング方式に当てはまる事が大事となります。スコアリング方式の内容を把握しておく事で、審査に通過しやすくさせる事も可能となります。

消費者金融にはどのようなスコアリング方式があるのか、詳しくご紹介していきます。

消費者金融の審査の際のスコアリング方式とは

消費者金融の審査には、スコアリング方式を用いて審査を行います。決められたスコアリング方式を加点方式にて採点していきます。その合計点により、あなたの返済能力が審査基準に満たされているのかを判断し、審査の合否の基準に加えます。

消費者金融の審査の際のスコアリング方式とは、このような内容となります。

年齢

各消費者金融にて、年齢の範囲を記載しております。その年齢の範囲に入っている事で、合格となります。

勤務先の雇用形態

勤務先の雇用形態とは、会社員やアルバイト、自営業、個人事業主のような内容です。公務員が一番点数が高く、次に会社員と、雇用形態の状態が悪くなっていくにつれ、点数がどんどん減点されていきます。

勤続年数

勤続年数は、長ければ長い程点数が加算されていきます。短い勤続年数でも、少ない点数の加算となります。

消費者金融によっては、1年未満の場合点数が付かない場合もあります。勤続年数が短い方は、少し勤務期間を長くしてから申し込みをする事も一つの選択肢となります。

収入

安定した年収がいくらあるのか、年収の範囲により点数が付きます。年収が高ければ高い程点数が高くなり、少ない年収であっても安定した収入となっていれば少ないですが点数が付きます。

安定した収入がある事が条件ですが、短期間にどんと大きな収入があった場合でも点数が付く場合もあります。その場合は、低い点数となってしまう場合もあります。

家族構成

独身で一人暮らしの場合は一番点数が低くなってしまい、結婚していて持ち家がある場合が一番点数が高くなります。

独身でも、持ち家有りの実家に住んでいると、多少点数が高くなります。居住歴が長ければ長い程点数があがりますので、独身で一人暮らしをして間もない方は実家へ住民票を移す事で、点数を上げる事が可能となります。居住歴が安定していないという事は、住所を転々をしている方と認識されてしまいます。

消費者金融は、支払いが滞った場合に本人の所在地を把握する事が重要ですので、定位置に住まわれている方には評価が物凄く高くなります。また、家族は、多ければ多い程点数が上がる傾向があります。

現在の他社利用のローンやクレジットカード

住宅ローンや自動車ローンはそれほど大きな影響を与えませんが、他社からの借り入れは大きな点数の損失となってしまう事があります。

現在、他社のカードローンにて借入れがある場合は、新しいカードローンと契約する事で多重債務となってしまいますので、審査に不利となってしまう場合があります。中小に消費者金融であれば、他社の借り入れが4件以下であれば審査が通る事もあります。他社からの借り入れは、少ないに事越した事はありません。

過去の債務事故歴

過去に債務事故歴があった場合、内容によっては点数に大きく響いてしまいます。

在籍確認もスコアリングに響くので注意

スコアリング方式というと個人の属性の審査の際にしか思いうかばない方もいらっしゃると思いますが、在籍確認の電話の内容もスコアリングに大きく響きます。在籍確認をきちんと終わらせる事で、その分のスコアリングも加点されます。

受け答えとしては大した内容を話はしないのですが、問題は社内に不在だった場合の電話に出た方の対処法です。電話に出た方が、あなたが居ない事を消費者金融側にどう伝えるのかです。近年は従業員のプライバシーの関係で、電話を取り継がないという企業も少なくありません。

しかし、これでは在籍確認となりません

在籍しているのかいないのかが、曖昧になってしまうからです。特に、アルバイトや派遣社員の方は、不特定多数の方が多く働いている職場の事もあり、このような場合は従業員が多すぎて電話に出た方があなたの存在を把握していない事もあります。

この様な状態ですと、間違いなく在籍しているという確実な情報が得られない事があり、本当に在籍しているのかと、疑問に思われてスコアリングの点数が付かない場合があります。在籍確認でのスコアリングの点数はとても大きいので、在籍確認が取れない場合は審査に落ちてしまう事もあります。

そのような事にならないよう、お電話にて在籍確認が難しい恐れがある場合は、他の手段で在籍確認が取れる事をご相談しておくと良いでしょう。在籍確認がスムーズにいかず、融資がのびのびとなってしまう方も少なくありません。

いかがでしたでしょうか。
この様なスコアリング方式により、点数を付けられ審査の判断をされます。消費者金融は加点方式ですので、点数が高くつきやすいと言われております。逆に銀行は減点方式ですので、高い点数をキープするのは難しいとも言われております。

その分消費者金融のスコアリングは高く付ける事も可能ですので、様々な部分において点数が少しでも高くなるよう努力をしてみる必要性もあると思います。高いスコアリングで、間違いなく融資が可能な状態へと導くようにしましょう。