個人信用情報機関に原因が

個人信用情報機関に原因が

なぜ私は審査に落ちた?年齢も年収も問題なし、借入件数も1社だけの場合、大手消費者金融の審査は通るはずです。

ところが、審査はここまでが仮審査で、いよいよ本審査に入る時に消費者金融では信用情報を照会します。

国内にある個人信用情報機関は、各金融機関が共有する個人情報です。特にキャッシングとクレジットに関しては、必ず過去の個人情報から正常な返済などをしているかを調べます。

今までボーナス払いで購入した家具、車、住宅ローンなどはもちろん、キャッシングに関しての記録も全て搭載されたデータです。そこには数ヶ月前に遅滞した返済、完済が遅れた過去の借金、まとまったお金が入った時の繰り上げ返済など全ての情報が詰まっています。

そして、その中でマイナス要因として、

  • 債務整理
  • 滞納や遅滞
  • 現在の正確な多重債務

などを確認することができます。

ここで各消費者金融の審査基準が問題になりますが、3件までの多重債務は良いとか、債務整理後も7年前ならOK、滞納は3ヶ月というような基準があります。それに抵触することで、審査に落ちてしまいます。

個人信用情報機関の見方については各消費者金融での取り決めがあり、Aでは審査落ち、Bでは審査に通るといったことが多いです。この個人信用情報機関での基準で、マイナスが付く方を一般的にブラックリストと言います。

ブラックリストになると、一定期間の借入ができない審査落ちになりますが、それでもOKという消費者金融も存在しています。審査の甘い中小消費者金融などですが、滞納や遅滞以外のブラックリストについては、現在の収入を確認した上で審査が通る場合もあるらしいのです。

あまり知られていないことですが、大手の消費者金融では審査がダメでも諦める必要がないといわれています。しかし、現実にはなかなか厳しいものがありますが、実際審査の甘い消費者金融での借入はできたけれど、返済が苦しくて結局債務整理をしなくてはならないことになった方もいます。

この審査が甘い消費者金融の利用については、よほどの返済能力がないと自身で大変な思いをしますから、申込には慎重になることをお勧めします。一応、ブラックリストでは5年以上のブランクがないと、審査落ちが続くと言われています。