審査が通らない人のカードローン

審査が通らない人のカードローン

銀行や大手消費者金融の審査に通らないけれど、どうしてもお金が必要な場合、どこでなら借りることができるのでしょう。クレジットカードを持っていたなら、額は多くなくてもキャッシングができますね。親や親戚から借りれるならそれに越したことはないでしょう。

そういった方法ができないのならば、審査が甘いとされる中小消費者金融やサラ金と呼ばれていた街金なら審査に通る可能性があります。

審査に通らない理由として考えられるのが、信用情報機関に金融事故情報が登録されている場合、職業や年収などの属性が基準を満たしていない場合、また消費者金融は総量規制対象ですので既に年収の3分の1以上の借り入れがある人には融資出来ません。後は、在籍確認ができない場合や本人確認書類が提出されない時も融資を断られる原因になります。

これらの中で、自分は何が原因なのか思い当って改善できるのならいいのですが、延滞でブラック情報がまだ残っている場合のように自分ではどうしようもない時は、それでも融資してくれる可能性がある審査が緩い金融機関を探すしかないでしょう。

一般的に審査が甘いのは銀行系よりも消費者金融系です。その中でも大手より中小、小規模金融業者の方が審査が甘いです。実際、中小や街金の利用者の多くは大手で審査にはねられた人です。

中小の審査では申込者の過去の事故情報や他社からの借入状況を見ながら、現在の収入で返済していけるのかを判断してくれるようです。仕事に就いていなければ論外ですが、毎月きちんと収入があるのならばアルバイトや派遣でも問題ないようです。

その反面、金利は大手より高いですし借り入れ限度額も低く設定されます。返済できなかった時の取り立ても大手より厳しいといわれています。借入限度額に関しては、きちんと返済していくことで信用力が上がり限度額も上がっていきます。

審査が甘い小規模の消費者金融会社でさえも審査が通過できないのならば、これ以上のキャッシングを諦めて、債務整理や自己破産も視野に入れて借金専門の弁護士に相談しましょう。一度借金生活から離れた方が自分や家族のためにいいのかもしれませんよ。