審査通らない理由

審査通らない理由

ローンを申し込む時には必ず審査が必要です。住宅ローンでも自動車ローンでもカードローンでも同じで、他にはクレジットカードを申し込むときも審査が必須です。ローンには通常保証人が必要なのですが、今はたいてい保証会社がその役割を担っています。

カードローンに関しては無担保のローンですが、銀行カードローンには保証会社がついていて、銀行が回収できない場合は保証会社が借主の代わりに銀行に返済する仕組みになっています。なので、銀行カードローンでは銀行と保証会社の2つが審査をします。

消費者金融会社やカードローン会社の場合は審査は自社での一回だけとなります。いずれの審査でも審査内容はあまり変わらず、まず大事なのが個人信用情報機関に事故情報が記載されていないかということです。

次に借入金額が年収の3分の1に収まっているか(消費者金融会社の場合)、他社借り入れが多すぎないか、申し込みブラックではないか、後は申込者の年収や勤務先、勤続年数などの属性が基準内であるかなど調べます。その中の一つでも基準に外れていたら審査が通りません。

カードローンの場合なら審査が厳しいと言われているのが銀行、次が信販カード会社、大手消費者金融、中小消費者金融という順番です。審査に通る自信があまりないのであれば、審査が甘い中小消費者金融なら融資を受けれる可能性が高いと思います。

中小では、過去の金融事故よりもこれから返済していけるかに重点を置いた審査をします。もちろん、自己破産の事故情報が残っている状態では融資は受けられないと思いますが、少しくらい延滞情報があっても安定した収入がある人には貸付するところが多いので、中小や街金はそういう人の助け舟になっているようです。

もし、無職が理由で金融機関の審査に通らないのならば、それは街金でも同じ結果になると思います。年金受給者でもOKのところはありますが、無職だと返済できないと判断されますので、アルバイトや派遣に登録してからでないと融資は受けられません。

ただ、専業主婦で収入が無いという場合は、銀行で専業主婦専用カードローンを発行しているところがあるのでそこなら借りれるでしょう。

審査に通らない理由は人それぞれですが、審査が甘い中小消費者金融や街金にいくことで解決できるかもしれません。それでも借りれない場合は、債務整理も視野に入れて一度借金専門の弁護士の所に行くことをお勧めします。