審査なしで借りれる

審査なしで借りれる

お金を借りる手立てとして思いつくのは、銀行カードローン、消費者金融の融資カードローン、クレジットカードでキャッシングなどがありますが、いずれの方法でもまずは審査に通らなければお金を借りることができません。審査なしでお金を借りれる所があるとすれば、それは闇金だと思われます。絶対に手を出してはいけない業者です。

正規で仕事をしていて安心して借りれる金融機関では、必ず審査をしていてそれに通過できた人だけにお金を融資しています。その審査に通らない人が、どうにか審査が無くて借りれる方法がないかと探しているのでしょうが、それなら審査が甘い金融業者を探してみてはどうでしょう。

銀行や大手消費者金融では個人信用情報機関の情報を厳しくチェックします。

また、申込者の属性も基準から外れていると審査に通らないようです。他にも、他社借り入れが4件以上あると審査に通らないとも言われています。申し込み時に嘘をついて申告したとしても、全ての金融会社はどこかの個人信用情報機関に登録して情報を共有しているので、すぐにばれてしまいます。

では、上記のように審査に通らないような原因を持っている人は、どこでならキャッシングできるのかと言うと、審査が甘いとされる中小消費者金融で申し込むことをお勧めします。

たいていの中小消費者金融は、多少の問題点よりも毎月収入があって返済していけるかどうかを審査のポイントとしています。銀行や大手の審査に落ちた人が中小のローンカードを求めているという感じですね。他社借入れが多い人なら、まとめローンを勧められる可能性が高いです。

どこのカードローン会社でも在籍確認の電話連絡は必須ですので、無職では審査に通りませんが、アルバイトや年金受給者にも融資している中小の業者はあるようです。

では、中小消費者金融の欠点は何なのか?と言われると金利が高いことが一番に挙げられると思います。例えば、みずほ銀行カードローン融資では年利が最高で14%ですが、中小では法定金利の上限ギリギリまで取られる可能性が高いです。

金利は借入限度額によって変わるので限度額が低いと金利が高く設定されています。後は、借入限度額が低いことと延滞した時の取り立ても厳しくなるといわれています。

審査が甘いということは、それに伴うデメリットも存在するということです。それも踏まえて本当に借りるべきなのかよく考えて、もし自分ではどうすることもできないと判断したなら、債務整理も視野に入れて借金専門の弁護士さんに相談することも考えてみてはどうですか?無料相談もあるので活用してください。