消費者金融審査通過しやすい カードローン

消費者金融審査通過しやすい カードローン

消費者金融カードローンは、個人情報と信用情報の2つの情報から審査します。これはお金を借りる場合に必ず行うことで、銀行やクレジットカードなどもちろんですが、各種ローンも同様の審査を行います。

そこで、借りやすい・借りにくいという判断は、審査が甘い・厳しいで判別することができます。審査では、保証会社が保証できるだけのデータであることが必要で、各金融業者で審査基準は違います。

ちなみに、消費者金融は銀行よりも甘いと言われていますが、場合によっては逆もあるらしいです。

審査通過しやすい消費者金融はココだ

大手消費者金融では、プロミス、アコム、アイフルなどCMなどでおなじみのところがあります。いずれも成約率は50%から60%と言われています。貸付の可能性が2人に1人というのが現状ですが、意外にも低いと感じる方が多いでしょう。

審査はなかなか厳しいと思ってください。借りやすいのはすべて同条件です。要するに、新規貸付の申し込みに関しては、審査基準はどんぐりの背比べ的なのです。

ランキングサイトでも意見が分かれる

それぞれ審査内容の公表がないため、キャッシング利用した方の口コミによります。大手消費者金融での審査落ちの内容が似たモノです。債務整理後の期間、多重債務は3社目はキツイ、収入、勤続年数、在籍確認、返済遅延の有無などだいたい同じです。

そして、ランキングの上位が知っている大手消費者金融がコロコロ変わるのです。ということは、1つの大手消費者金融で審査に通らないと、他社もダメと考えて良いでしょう。一つだけ、無利息期間があるときは注目です。たまに行う無利息のサービスは、顧客目的です。

キャッシング会社では貸金業法によってキャッシング内容が決まっています。融資率なども数字が決まっていますが、無利息期間だけは多少甘くして、顧客拡大をしているとか。しかし、初回限定でありリピーターは無理です。

申込方法は簡単、だけど気をつけて

利息差もあまりない大手消費者金融では、WEB完結の申し込みができます。無人契約機も使えますが、とりあえず自宅で行うことができます。

そこで気をつけたいのが、審査落ちをしたら困るからといっぺんに遠近の大手消費者金融に申し込みをすることです。

融資額に関係なく、申込を受けた金融業者では、個人信用情報機関に照会をします。そのときに、あなたの情報が同時に照会されたとき、こいつは危ないぞとなります。

また、一度申し込みして審査落ちになったときに、次から次へと大手消費者金融に申し込みをするのもNG。ともに申込ブラックになってしまい、それだけで半年間はキャッシングができなくなってしまいます。自ら、審査落ちの原因を作ることになります。やたらに、金と申込をしないことです。

消費者金融カードローンの申込のときに気をつけたいこと

通過しやすいカードローンではなく、通過しやすい審査内容にすることです。キャッシング利用記録の個人信用情報を良好にすること、これがポイントです。

消費者金融の総量規制の利用限度額で少しでも返済をしておく(貸付残高を減らす)、自己破産などの債務整理をした方は、7年くらいは待つ、どうしても信用情報が不安な方は、個人信用情報機関に信用情報開示を申請することもできます。

口コミ情報を元に、今の自分は審査に通らないかもしれないと思われるときは申込はしないことです。それが、より通過しやすいカードローンに申し込む秘訣なのです。